皆いろいろやればいい。

エアガンは色々なカスタムで特性が変わります。
それぞれ楽しみが有るので、いろいろやると楽しみの幅が広がりますよ。

 

ではないww

たとえば、強ホップでとにかく遠くへ飛ばすようにして。50メートルでしか当たらない鉄砲使って
相手の位置と自分の位置を10センチ単位で調節するように動いて、やっとこさ倒すのも超難易度高いので達成感は半端無いし
とにかく命中精度を上げてピンポイントで狙える鉄砲で、どこまで隙間通して倒せるか挑戦するのも面白い。
セミオートのキレを良くして、「タタタタタ」って連射すると、戦ってる感がてんこ盛りでテンション上がるよね。(セミ戦ではバンプファイアに成らない様に注意)
あげく、10メートルしか飛ばないし一発ずつ全然違うところに飛んでいく鉄砲だって、確実に当てれるところまで、
ばれずに近ずく戦い方を模索する楽しみが有るのよね。(これやるとめっちゃ倒すの上手くなりますよ)

以前からちょくちょく言ってるのですが、サバゲーは遊びですから、上手い下手は楽しめるか楽しめないかです。
倒す人数多くたって自分が飽きてしまえば、それはやっぱり下手なのよ。
(サバゲー下手でも何の問題も無いし、人として劣っている事は何一つ有りません。上手けりゃ偉い下手なら駄目、何てことは一切無いですよ)

完全に自己満足の遊びです。周りや流行は関係ない。発想しだいで無限に楽しみが広がる遊びですから、
まずは色々試してみると良いですよ~。

バレルと弾だけ持って、吹き矢プレイとかww

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!14

最近、ブログには書いてなかったですが、AK用に作ったチャンバースペーサーの効果が凄いと
私の中で話題になっています。
このチャンバースペーサー、VSRにも付くかな?付いたら効果有るかな?と思って
試してみたところ、効果は抜群でした。

このチャンバースペーサー、やはり万能です。
どうもマルイの設計自体の構造的な所での改良の余地の有る所を、
ピンポイントで改善できているようです。
ぶっちゃけ、これ入れてあれば後はしっかりとバレル固定すれば、後は何やってもあまり変わらない気がします。
裏を返せば、「この部分だけ改善すればあとは弄るところが無い」と言うほど
元の性能がずば抜けているとも言えますよね。
近じかひっそりと販売も始めるのですが、販売を始めればその改善の余地の部分が一目瞭然です。
チャンバースペーサーなんて名前付けてますが、構造は凄く簡単で余地の部分も解ってしまえば
「あ~!そうかぁ」みたいに非常に単純な事でコロンブスの卵的な感じです。
「最初売れなかった味の素が、蓋の穴増やしたらめっちゃ売れた」位、目から鱗な物ですww
ですので、その余地の部分が世に広まれば改善パーツも出るでしょうし、
チャンバースペーサーを真似したパーツも出るかもしれませんし、
ひょっとしたらマルイも改善して量産するかもしれないです。

私は趣味でやってますから、それは良いのですが、私のアイデアで有る事は明示して欲しいものだにゃん。
趣味人としての矜持は有りますからね。それは尊重して欲しいものだにゃ~。

と言う事で動画です。
50メートル
マルイ、0.28スペリオール弾、無選別
約30センチプレートにA4紙の的

弾道は以前の記事で紹介した動画のとおり、40メートル10センチ的ゼロインで
48メートルまで10センチ的に修正無しで当たります。
50メートルで10センチ的だと、4倍スコープで見て縦メモリ1.5~2メモリ上狙って中る感じです。
ここは変わっていません。
我ながら美しいww

ここまで来たら、いよいよそれこそ選別弾つかってもう一息グルーピング上げたいところです。
てかもうそれくらいしか思い浮かばないっすww
選別弾でどれだけ縮まるか楽しみになってきました。
20センチ円内に7割も見えてきた気がしますよ~。

 

 

ノズル長・・・お前ー!

さて、前回ノーマルとチャンバースペーサーを付けた物の集弾性を比較しました。
チャンバースペーサーは抜群の効果が出たのですが、それでも荒れるラウンドが散見されまして、
その原因は「ノズル長不足による物では無いだろうか」と仮説をたてて色々やってみたので
順に紹介していきます。

最初はでんでんむしを装着してみました。
しかし、AK用のでんでんむしは圧倒的にノズル長が足りていないです。
ちょっと話は逸れますが、電動ガンのノズルはパッキンの入り口にグッと押し付けて気密を取っているようです。
VSRみたいに中に入り込むのでは無いのですね。VSRとの違いはここが大きく違います。
でんでんむしはノズル自体はノーマルより長いのですが、先端のテーパー角が適正でなくパッキン入り口で止ってしまい
弾を押し込めていませんでした。でノズル自体は長いものですからタペットプレートが前進し切れていませんでした。
これでは、せっかくのあの先端の特殊な形状も無意味です。
なにせノーマルと同じでバレル内で弾が遊んでいるのですから。
むしろ、タペットが前進しきらない分、何かしらの悪影響が出るかもしれません。
実際ちゃんと無風レンジでデータ取りますと、集弾性は良くは成ってませんでした。
今までずっと「良い」と思い込んで使っていたパーツだけに、ちょっとガッカリショックで写真撮るの忘れました。
自分でノズルの先端のテーパー角を削って調整出来れば良いのですが、ちょっと私には無理そうですので
でんでんむしは、諦めます。

んで、無いなら作るの精神で3Dプリンターで作りました

何十回と失敗して、シリンダーヘッドとのクリアランス、チャンバー内径とのクリアランスをとことん追い込んで、
ガタつきを極限まで無くし、先端のテーパー角を緩くしてタペットが前進仕切った状態で、
弾をホップの突起までしっかりと送り込めるように作ったもので、
100分の1ミリ単位で寸法追い込んだので、物凄く大変でしたよ。
でんでんむしに限らず、世に出ているカスタムパーツのほとんどの寸法がガバガバなのは
おそらく、この現物合わせの追い込みをやっていないからなのでしょうね。
たしかに、趣味でなく仕事だったらこんな事やってたら商売にならんでしょうね。
自分でやってみると、「まあ、しょうがないんだろうなぁ」って優しい気持ちに成れましたww
マルイはやってると思います。だから優秀なのでしょうね。

話を戻します。んで気に成る結果です。驚愕せよ!

・・・・・・良く成った・・・のか?

あれ?あれあれ?なんかノーマルノズルとたいして変わらなくね?
すくなくともVSRの時に感じた衝撃は無いww
フルノーマルのときよりは良くなっているけど、これ、ノズルの効果では無くチャンバースペーサーのおかげだよね?

もう一度ノズルはノーマルでチャンバースペーサーだけ組み込んだ物の結果見てみよう。

 

う~んどういう事だってばよ?

1ラウンド毎に見れば両方良いラウンド有るし、特に自作ノズルが悪いと言う感じでもないのだけど、
問題は「荒れるラウンドがある」って事で、その原因がノズル長不足と思って、
膨大な量のトライ&エラー繰り返し、散々苦労して作り上げたノズルがまさか効果ないとは・・
ガビーンですよガビーンww

巷で言われている「ノーマルのノズル長不足だと躓きホップで荒れる」と言う訳ではなくて
これ実は荒れる原因は「ノズル長不足による躓きホップでは無い、
根本的な問題(まだ秘密)をチャンバースペーサーで解決すれば変わらなくてあまり関係ない」という結果になってしまった。
いや、私自身不本意ですよ本当に。
ノーマルの、ノズル長不足なだけでなくシリンダーヘッドとのクリアランスも
チャンバーとのクリアランスもガバガバで、あんなカタカタ動くのに何で変わらんの?
理屈に合わん!
しかし、データは嘘言わない。
これが、現実よ!

次はこの結果を踏まえて、私なりに考えた「何故変わらないか」の仮設を書いてみようと思います。
そして、未だに荒れるラウンドが出る事の解決方法は見つかっていないです。
もう、心が折れそうww

 

 

 

マルイの設計に反逆する漢の物語②

前回、ノズルの下側が悪さをして安定しないのでは?
と仮説を立てて図のノズル先端を加工したのですが、
結果は加工前と変わらず。
「おかしいな~」と思いながら鉄砲とにらめっこしていたところ
おや?おやおや?
銃口から装填された弾見てみてら、なんかしっかりと下に押し付けられていないようだぞ・・・

そこで「ハッと」しました。
ひょっとしてホップの凸で弾を押さえつけられると思っていたが、
実際は弾の上側が引っかかって、むしろ上に引っ張られているのでは?

こんなイメージです。
んで、今まで安定しないのはノズルの穴に弾が嵌ってセンターに保持される場合と、
ノズル先端下側で装填されて下で保持される場合があるからなのでは?
と思っていたのですが、違うかも知れませ。
多分、保持位置はセンター安定していたのでしょうが、その「センターで保持される」
ことがグルーピングが今一安定しない原因では?
と思い始めました。
どう言う事かと言いますと。

ノズル先端の穴にはまってセンターで保持されますと、弾はこんな動きすると思うのですよ。
なんか弾の動きが「カンカン」ってバレル内で暴れて荒れそうな雰囲気しません?

これを、しっかりと下に押さえつけて保持できれば

こんなかんじで「ヒュワー」ってスムーズに飛んでいきそうな気がしました。
んでパッキンの凸では押さえつけられないとしたら、ノズルで押さえようと思い
作成したのがこちら

外形4ミリの真鍮パイプを削って作りました。
こいつをノズル先端にはめ込んで接着します。

するとこんな感じです。
これでノズルで弾を下に確りと押さえつけることが出来ます。
そして、ノズルの下側も削り落としているので左右も挟まれて保持されます。

すると

うおおおおおおお!きたーああああああ!
②ラウンド目はちょっと荒れましたが、あせって早撃ちしたせいだと思います。
にしても、前回の結果と比べても明らかに効果抜群です。
撃っていて震えましたww

感想としては「狙ったところにしか飛ばねぇww」

我ながらとんでもないパーツを作ってしまった。
これは凄いアイデアだ!これは売れる!
実用新案だか特許だかを取ろう!
イヤッハー!\(^o^)/

(゜o゜)

 

 

マルイの設計に反逆を続ける漢の物語ww

前回の「可変ホップは実質固定ホップなり~」からの続きになります。
軽くおさらいしますと、可変ホップと言ってもホップの掛け具合で弾の保持位置が変わるので、
ベストな位置を探ると、たった一点のみと言う話でした。
ちなみに長掛けにすれば解決するのかと言いますと、そうはならなういです。
長掛けにして、ノズル側へ保持位置を持っていっても今度は弾を押し込む強弱で色々と変わってきますので、
むしろ長掛けのほうが、対策をしなければ成らないことが多くて大変に成ります。

話を戻しますね。

んで、一番グルーピングの良い係り具合の所探しました。
たしかに、一番纏まる所有りました。
しかし、それでも今一安定しない感じが有ったのですね。

んで考えた結果、一つの仮説にたどり着いたのですね。
これを見てください。

あ!鉄砲はVSRです。

解りますかね?
押し込むときに、ノズル先端の下の部分で押し込んで、上図のように保持する場合と
ノズル先端の穴に嵌ってセンターで押し込んで、下図の様に保持する場合があるのではないだろうか?
と思い、次のようにノズルを加工してみました。

わ、解りますかね?
ノズルを正面から見た図です。

穴に嵌ってセンターで保持されてしまうなら、下の部分を削り落としてしまえば
パッキンの凸に弾が押されて、常に最初の図の上図の状態に出来るのではないだろうか?

で加工してみましたがこれが大変でした。
なにせ特別な計測器具や加工装置が有る訳ではなく、
しかも円を左右対称に削らなければならない訳ですから。
しかもパーツ高いから、失敗したくないし。
ほぼやけくそでしたねww

そして、その加工の成果がこちら。

黄色い枠内が10センチか12センチ内です。
距離は30メートル。10発で一ラウンド。計3ラウンドの結果です。
弾は無線別のマルイ、スペリオール0.28バイオです。

そしてこの画像がどの程度のものかと言いますと、
なんと!加工前と変わらねえwww

あんれ~?おかしいな?いけると思ったんだけどな?

とらのすけの苦悩は続く。そう・・剥げ散らかすほどに・・

次回「決着!」
おたのしみに。

可変ホップは実質固定ホップなり~

タイトルからして「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが、
ご安心くださいそれが普通ですww
しかし待ってください、決して頭がバグっているのではないのです。
いや元々バグってはいるのですが、今回は違うんです。ちゃんと理由があるんです。

こ、これを見て欲しい

わ、解りますかね?
これは、ホップを弱くかけているときの断面図です。
弾とホップ突起の間に隙間がありますね

では、ホップを強くかけてみましょう。

ホップの突起が下りてきて、その分突起のRがノズル側へ近くなり
弾との隙間がなくなってきます。

集弾性を求めるに中って弾の保持位置は重要です。
毎回装填のたびに同じ位置で保持されなければなりません。

そして、この保持位置はホップの突起に押されすぎても良くないようで、
ベストな位置が有るようです。

ここまで、書けばタイトルの意味ももうお解かりかと思うのですが、
そうです。可変ホップと言っても実際ベストなホップの位置はただ一点なんですね。

そのベストな位置を探してみるのも、結構おもしろいとおもいますよ~

そして、さらにこの話は最近気が付いた事があって、奥の深い物でした。
はたして、「その気が付いた事」とは!

後半へつづく

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録13

ちょっと間開いてしまいましたが、色々やってました。
結論から言いますと、一応完成となりましたよ。
ではどの様に完成させたか、前回からの続きを説明します。

前回マルイのホップパッキンで一つの形を完成しました。
しかし弾道が求めているものとは違うものでしたので、
宮川ゴムさんの長掛けパッキンをつかってみよう。
と言う所で終わりましたね。

んで、ここでホップと弾道について私なりの見解を先に延べておきます。

世の中には、長掛けが伸びる等と意見がありますが、
別に長掛けにすれば弾道が延びるものでは有りません。

「抜弾抵抗を下げながら、強ホップをかけられるの」と言うのもおかしいです。
ホップの仕組みを考えれば解るのですが、長掛けだろうと何だろうと結局は弾の上と下の摩擦抵抗の差で、
掛けるのですから、同じ回転数を与えるのには同じ抵抗が掛かっているのですね。
ですので、「長掛けにすれば飛距離が伸びる」とか「長掛けにすれば弾道が伸びる」と言われているのは
嘘だと思いますよ。
実際私の動画を見ていただければ解ると思うのですが、マルイのパッキンでも十分強ホップ掛けられます。
重要なのは押さえの方で、パッキンの精度に問題がないのであれば、
あとは、「押さえをいかに確りと高精度に安定して抑えられるか」が問題であり
創意工夫が必要になってくるところなんですね。

長掛けはむしろ弾道との軸が合っていないとおかしなことになったりしますので、
組み込みや、パッキン自体の精度が抜群に良くないと使い物にならないという
デメリットが多く存在してきます。

では、なぜ今回長掛けを使ったのかと言いますと、
「ホップの掛かり具合の微調整が楽」この一点のためです。
VSRで理想の弾道にするには、この一点がどうしても必要でした。

マルイのパッキンで完成させたものは6クリックであの弾道でした。
かなり良い弾道だったのですが、それでもいわゆる強ホップによるS字弾道ですね。
もっと浮きを抑えようとして5クリックにしますと、ホップが弱くてかなり上を狙わないと50まで届かない。
そんな感じでした。
「5.5クリックが欲しい」ww
VSRのホップ調整レバーはカチカチとクリックしながら動くタイプですので、
そんな微妙な調整が出来ないのですね。
しかしこれは、「撃っていてもホップがずれない」と言うメリットが有るので、
無くしたくは無い機能ですね。
レバーに付いている凸を取ってしまい、無段階調整できるようにする方法もあるのですが、
「ホップがずれない」と言うメリットも無くなってしまいます。
あとは、ホップアームの押さえの部分を削って微調整する方法も有るのでしょうが、
加工が繊細すぎて私には無理そうです。
失敗するとアームが終わり、チャンバーごと購入しなおしになってしまうので、
リスクも高いですね。

そこで長掛けです。
今までVSR用に出ている長掛けパッキンは、私的には制度が悪かったり、
ホップ掛ける突起が変な形で良くなかったりして、私にはとても使えるものでは無かったです。
この度宮川ゴムさんが、精度の良くシンプルな2点掛けのパッキンを発売してくれましたので、
先に進み完成させることが出来ました。

では何故、長掛けだとホップの微調整が出来るのかを説明していきます。

まずやったことは、普通に組むことでした。
宮川ゴムさんのパッキンには位置決め用の凸が付いていないので、
何の気なしに組むと十中八九軸が曲がって付きます。
自分で微調整しながら注意して組むことが必要ですね。
で付属の推しゴムをとりあえず。長掛けをフルに使える長さに切って使いました。
すると、6クリックで超鬼ホップ!昇竜拳弾道でしたww
5クリックですとホップが弱く、やはり相当上を狙わないと50まで届きませんでした。
「やっぱり5.5クリックが欲しい」ww
と言うことで此処からです。
やりかたは簡単でした。
推しゴムの長さを調整すれば良いのです。
とりあえず、大体3分の2の長さに切って試したところ、
来ましたよこれ!夢の5.5クリックww
S字弾道にもならずスーッと48メートルまで伸びていき、フッと残り2メートルまでの弾道が。
その様子の動画を紹介して、このプロジェクトは一旦終わります。
動画内でも言っていますが、推しゴムの長さをもっと細かく煮詰めれば
もっとベストな位置が有るのかも知れませんが、とりあえず一旦終わりです。
的の大きさ10センチの円で、40メートルから48メートルまで修正無しで狙えて、
30センチの円の的で50メートル、4倍スコープで見て縦修正メモリ一つ分で狙えます。

え?目標は35~48メートルじゃないのかって?・・・・・無理ですww

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録9

マガジンを差し込むと、弾道が荒れる問題を解決していきたいと思います。
考えられるのは、マガジンのバネのテンションでノズルが押されて
微妙に弾の保持位置が不安定になるのではないだろうか?
と言う事と、もう一つ怪しげなものを見つけました。

此れを見てください。

パッキンが見えますよね。
んで、調べてみるとどうもチャンバーとマガジンの間に
隙間が有るみたいなんですよね。
この隙間に、バネで押された次弾が入り込んで
パッキンに微妙に干渉しているんじゃないかな?
と言う仮説を立ててみました。

さて、どうやって解消しましょう?

で次の写真

厚さ0.3ミリのプラ板をマガジンのこの位置に貼り付けてみました。
これで、パッキン側に次弾が流れ込まないと思うのですが・・・
う~ん、どうでしょう?
ちなみに、パッキンはチャンバーの面よりも、飛び出ていましたので、
こうするとプラ板がパッキンに干渉します。
パッキンにあたらない様にするために
マガジンとチャンバーの面に、隙間が出来る設計なのでしょうね。

とは言え弾が流れ込んだり、流れ込まなかったりして
干渉したり、しなかったりするよりはプラ板で常に干渉させた方が
安定はするのではないか?と言う狙いで、
プラ板が干渉してますがこのままで、一度試してみたいと思います。
マルイの設計に反逆します。ww

 

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録8

マルイパッキンにて、押しを変えるとどの様な変化になるかと、
弾の重さを変えて撃ち比べてきました。
その様子の動画です。
各1ラウンド10発で3ラウンドづつ。

0.28弾でSCP組み込みの、2ラウンド3ラウンドが抜群によかったです。

0.25ノーマル

0.25 電動用推しゴム挟み
0.28 電動用押しゴム挟み
0.25 SCP組み込み
0.28 SCP組み込み
SCPの組み込みが一番ホップかかります。
0.28のSCP組み込みの2ラウンド3ラウンドが抜群に良い結果が出ました。
弾道は40ぐらいで「スッ」と浮いて浮きすぎず、そのまま一伸びして
50まで届く感じで、目的である「40~50メートルでサバゲーに使いやすい銃」
に一番近い弾道でとても良かったです。
ただ、マガジンを挿すと荒れました。
良かった2ラウンド3ラウンドは1発づつマガジンを外しています。
次は、その問題を解決していきたいと思います。

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録7

先日、記録6を投稿した後にまたレンジで撃って来たのですが、
記録に残す気もおこらないくらいメチャメチャでした。
「荒ぶる弾道」ww

で、帰ってチャンバー開けてみた所、

妙に磨耗している。
まだ、1000発も撃っていないはずなのに。
でA+AIRSOFTの魔ホップパッキンは耐久性に難有りと判断して、使用を止めました。

目標が「サバゲーでも使いやすい」ですのでこの耐久性は駄目ですww
台湾製のパッキンですからね、しょうがないね。

海外製の物が品質上がったとは言いますが、
ゴムパーツは日本製の物が品質良い気がします。

チャンバーパッキンなんかのエアガン専用のゴムパーツは、
日本製でも寸法がメチャメチャで、「何を基準に作ったんだ?」
って感じですが、Oリングなどの規格品は、日本製がぴか一です。

あ!マルイ純正パッキンは別格で良いですよ。

で「パッキンどうしようかな~」と悩んだのですが、
今のところ、良い長掛けパッキンが見つからないので、
とりあえずは、長掛けせずにマルイで行きます。

最近話題の「宮川ゴム」さんが、VSRの長掛けパッキンを開発しているようですので
長掛けはそれに期待して発売を待ちましょう。

でシリンダーのがたつきや、弾の保持位置が気になったので次の加工をしました。

シリンダーを強く押し込むと0.4ミリほどチャンバーパッキンに押されて戻ります。
0.4ミリ、アソビがあるのですね。
これだと、コッキングしたときの強弱で、
弾の保持位置が変わってしまう気がしましたので、
必要以上に弾を奥に押し込まないように、
シリンダーの先に0.4ミリ、プラ板を貼りました。

そして、前回気になった
「マガジンを入れた時と、外した時で弾道の安定が変わる」問題を解決するために
こうしました。

どうです?この「滲み出る、ヤケクソ感」

ビニールテープとセロテープ使ってアウターバレルとの隙間埋めましたよ。
きついと、コッキング出来なくなりますので、上手くすり合わせが必要です。

給弾口からノズルを押すと、若干ノズル動いていたのですが、
これで、動かなくなりました。

マガジンが原因で安定性が変わるなんて、
マガジンの弾を押す力でノズルに影響が出ているとしか、無いんじゃないかな?
かな?

ちなみに、銃口から覗いてみましたが、
ええ、ノズルの軸は合っていませんでしたともww

けど、これでマガジン挿した時と外した時で弾道が変わることは無くなりました。
どちらも、良くは無いですけどねww

で10発ずつ7ラウンド撃ってきた動画です。
どうしても、最後の一伸びが無くて上から落とす弾道に成ってしまいますね。
今0.28の弾使っているのですが、今度は0.25で試してみようと思います。

10発づつ、7ラウンド。一番良いのは7ラウンドです。

2ラウンド、3分位から
3ラウンド、6分35秒位から
4ラウンド、8分48秒位から
5ラウンド、12分位から
6ラウンド、13分17秒位から
7ラウンド、16分46秒位から

 

 

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録5

AK弄りに夢中になって、こちらはすっかりご無沙汰でした。

さて、前回に続き今回はA+AIRSOFTの魔ホップをレビューします。
先に言ってしまうと、試した中では此れが一番安定していました。
ただ、このパッキンは位置決めのための凸が付いていません。
ですので、自分で適正位置を調整する必要があります。
取り付けに一手間かかりちょっと、
面倒くさいですが個人的には此れが一番お勧めです。

次にスリックパッキンを試しました。
これも、サイズが合っていなくてチャンバーに入りませんでした。
うま鹿の時と同じ感じですね。

次にメイプルリーフです。
これは、押さえを上手い事しないと、安定しないんですよね。
電動で散々使っていたので、なんとなく結果は解っていました。
なまずで、押しただけでは散ります。
色々試すと、また結構な金額がかかってしまうので、
辞めておきましたww
けど、電動で散々試した経験上の予測としては
上手く行ったとしても、魔ホップと同じような感じだと思います。

長掛けは、アームで押すのには向いてないので、
一度、ここでマルイパッキンに戻します。
マルイパッキンでも50メートルは飛ばせます。
そして、弾道を記録しましたら、いよいよチャンバーを加工して
押しをエレベーター式に改造し長掛けでホップを掛けようと思います。

ですので次は弾道記録動画になると思います。

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。3/3

一通り取り付けることが出来ましたので、実射してみました。
それなりに、飛ぶのですが今一安定しません。
しかも、しばらく撃っていると、給弾不良が起こり始めました。

マルイのバレルですと写真のドライバー指している部分が若干短いようです。
撃っているうちに、パッキンがメカボ側にずれてきて、
給弾時に弾やノズルで巻き込んでしまうようです。

これは、お手上げかな?とも思ったのですが、
一つ思いついたので、挑戦してみました。

解りますかね。
0.2ミリのプラ板2枚を貼り付けて0.4ミリバレルを延長しました。
給弾さえちゃんとされれば、弾道には関係ないと思うので
こんな、加工でもいけましたねww

加工の仕方は、先にプラ板を貼り付けてからバレルの穴に沿ってくり貫いています。
此れでバレルをチャンバーに「ぐっ」と押し付けたときに、
Cクリップがパチンと嵌ります。
試していませんが、0.3ミリでも大丈夫かもしれません。
0.2ミリですとやはり、、給弾不良がおこりました。

一枚目の写真と同じ写真ですが、バレルの下に転がっている黒いパーツが
Cクリップです。
これは、どうもバレルがマルイなので、マルイのCクリップが良いみたいです。
レトロのCクリップですと気持遊びがある気がしました。

これで、完成です。
給弾不良も無く確りと撃てます。
弾道も綺麗に飛んでました。集弾性はどうでしょう?
メカボからチャンバー、バレルへとしっかりと固定されましたので
良くなった気もするのですが、
純正も十分良かったので気のせいかもしれません。
ですので、総評としては実性能は「マルイで良いんじゃないかな?」ww
まあ、カスタムなんて自己満足の為にするようなものですよww

では次は実際に撃ったガンカメラ映像を撮って来ますので、
撮れましたら、ご紹介します。

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。2/3

さて、とりあえずチャンバーは組み込む事が出来ました。
ここで、ちょっとチャンバーのアームを見てみましょう。

アームのくちばしの部分が、押しゴムより幅広です。
これでは、横にずれてしまうのではないかと思います。
マルイの押しゴムや、ナマズのようなフラット押しでしたら、
あんまり影響ないかもしれませんが、
二点押しのように溝があるものですと、アームに接着しないとダメかもしれませんね。

そして、上の写真のように押し位置が、マルイに比べてメカボ側に来ています。
これですと、マルイのパッキンを使いますと適正位置で押せない事になります。
ですので、苦肉の策でなまずを使って押すことにしました。
(マルイの押しゴムで押したかった)

そして、押しゴムを挟み込むくちばしの長さが、
マルイに比べて半分くらいしかありません。
押しゴムは真ん中に穴も開いてあり、弾力があるものなのですが、
実はマルイのアームに装着しますと、押しゴムが歪まないように、
くちばしで挟みこまれ、けっこう硬くなります。

このくちばしの挟みこむ部分が短いと、
押しゴムに圧がかかると直ぐに歪んで、ふにゃふにゃになってしまうのですが、
弾道にどう影響するのかは、未確認です。
それに、ナマズで押すのであまり関係ないかも。
けど、正直余り気持のいい物ではないですね。

アームの形状の違いで、もう此の辺から嫌な予感がしてきています。ww

そして、次にコッキングレバーを取り付けるのですが、
こいつが一番干渉します。

写真は、加工前のものです。
特にHOPレバーの辺りが干渉します。
どうせ、トップカバーで隠れるところですので、
コッキングレバーが動かなくなったりしないようにだけ気をつけて、
干渉するところは、ばっさり切り落としてもいいと思います。

私のAKはスペツナズですので、コッキングレバーの上にバッテリーは来ません。
しかし、FETユニットがコッキングレバーの上に来るようにしてありますので、
台座として、ある程度残しておく必要がありました。

次は、実射です。

続く

 

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。1/3

中古で半値以下で売っていたので、
前から気になっていたレトロアームズのチャンバーを
手に入れました。

このチャンバーは、マルイ基準ではなく、LCT基準なのだそうです。
マルイのAKに取り付けるには、結構な加工が必要と訊いたのですが
私でも出来る加工か解らなかったので、
ガンジニアさんの、石岡さんにメールで問い合わせましたところ、
面識も無いのにも関わらず、対応してくださいました。

大体の事は、石岡さんのフェイスブックに書いてあるのですが、
私は、私なりに自分で試したことを記しておこうと思います。

このチャンバーは、コレットナットでバレルをセンターにがっちりと固定してくれます。
その機能のためだけに、挑戦します。ww
メカボにもネジで固定されるのでメカボからチャンバー、
チャンバーからバレルへの一体感が上がります。

上の写真のように、バレルをコレットナットで固定できます。

で、基本的には干渉するところを、削って入るようにするだけです。

こことか、

ここですね。

アウターバレルも「コレットナットが入るように内径を広げる」と書いて有ったのですが、

ふむ!

おやおや?

アウターバレルの内径の方が0.2ミリほど広いです。
ですので私の場合、アウターバレルを削らなくても問題なく入りました。

HOPの調整レバーがアウターバレルに干渉しますので、上の写真のように削ります。

アウターバレルに合わせてインナーバレルをセンターに出しますと、
チャンバーを留めるネジのところに若干隙間が開きます。
チャンバーが浮いている感じですね。
ですので、上の写真のようにプラ板でスペーサー作って入れました。
厚さは0.3ミリが二枚で0.6ミリでした。

こうすると、メカボをグリップで固定してから入れようとすると、
チャンバーがメカボに入っていきませんでした。
グリップを緩めると入っていきますので、グリップは最後に締めるのが良いみたいです。

他のサイトですと、メカボにネジで連結する部分は、
マルイのメカボは、サイズが合わないので入らないと書いてあったのですが、
私の場合は、綺麗に入りました。

そして、上の写真の特殊工具ww
最近、ガンジニアさんから商品化されましたね。
痒いところに手が届く優れものです。

こいつでノズル長をチェックしますと随分と足りていませんでした。
ノズルはAK用のでんでんむしです。
初速も低下していたのですが、原因はこれでしたね。

ですので、ノズルをMP5クルツ用のでんでんむしにしてみました。
ノズル長が長くなる事による、給弾不良が心配でしたが大丈夫でした。
初速も正常に上がりましたよ。

これは、行けるんじゃないだろうか?
そんな淡い期待を抱いていました。
そう、この時までは・・・

つづく

2018年10月5日追記です。
チャンバーとフロントの間に挟むプラ板は0.6ミリでは厚すぎるみたいです。
軸がずれます。

ノズルの上側が強く擦れて、パッキンを削っています。

0.2ミリを2枚重ねて0.4ミリにしたところ、
グリップを緩めなくてもメカボにチャンバーが「スコ」って入るようになり
軸も合ったようです。

この、白いプラ板の部分ですね。

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録4

間が開いてしまいましたが、ホップパッキンを色々試してみました。
この時点で一通り記しておこうと思います。

押しは長距離ならやはり長掛けだと思い、アームを変えます。
FIREFLYの「うましかの腕」を用意しました。
これは、付属にナマズが付いて来ています。
ナマズはアームより細いので横にずれます。
ボンドで接着したほうが安定しましたね。
瞬着での接着は固くなってしまうので良くないです。
粘性のあるボンドなら剥すのも簡単で良い感じです。

そして、長掛けにするならバレルのHOP窓も加工しなければなりません。
思い切って、アーチを落としました。

ガスブロなんかは、こうですよね。
HOPの掛も良くなるらしいです。(未確認)

そんで、最初に試したパッキンががFIREFLYの「うましか」でした。
結果はサイズが全然合ってなくてチャンバーに確りと組み込めません。ww
無理に組み込むとパッキンが歪みます。
どうも厚すぎるみたいです。
使っている方も結構居るみたいなのですが、皆さんどうしてるんですかね?
一応撃ってみましたが、荒れまくりで速攻外しましたww

今回は此処まで、次はA+AIRSOFTの「魔HOPパッキン」をレビューします。

 

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録3

遠距離射撃をするので、長掛けにしようと思うのですが、
一番の壁は「押しをどうするべきか」です。
MP5の時に気がついたことを、一度此処でおさらいします。

アーム式の押しの場合適正HOP時に確りと長掛けになるように
押しゴムの角度を調整しなければならないのですが、
これが、ベストの位置を出す事が不可能なんですよね。

ちょっと詳しく書きますと、適正HOP時に弾の進行方向と平行になっているのが
長掛けを最大限に生かせるのですが、ポン付けですとまずこうは成らないです。
アームの押しゴムを抑えるところの形状によっては
MP5の時に書いた「シーソー現象」がおこってHOPの掛が安定しません。
ですので、アームによっては接着は必要になると思います。
しかし、接着するとアームの動きで押しゴムの角度が変わってしまうのですね。

下手をすると、全然長掛けになってなくて一部分でしか押されていない事もあります。

ですので、この企画の最終的にはチャンバーを改造してエレベーター式での
押しをするつもりです。

しかし、今しばらくはアーム式での試行錯誤にお付き合いください。

シーソー現象は解消させますが、角度についてはアーム式でやる時は
あまり手を加えないで行こうと思います。

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録2

次に行った事はアウターバレルとレシーバーの接後部の剛性を上げる事です。
ぶっちゃけ、ストックに固定されるものであり、検証もしないままカスタムも進めてしまったので、何処まで効果あるかは解りません。

体感で感じた範囲では、あまり変わらない感じでした。
悪くならないのであれば、やったほうがよいと思いますww

使った物はこちら。

M4様か何かのシムでしょうか?
厚さ0.3ミリとか0.1ミリとか0.05ミリとかあります。
この3種類用意しておけば大丈夫でしょう。

このままでは、サイズが合わないので削ります。
内径は良いのですが、外形がちょっと太いのでこんな感じで削ります。

ボウル盤に無理やり装着しましたww
ドリルに布テープぐるぐる巻いて、シムを5枚くらい纏めて差し込んだものですね。
これで、回転させて鑢を充てて削っていきます。
ボウル盤の無い方は、ドリルでも何とかなるかもしれません。
「薄いから楽勝だろう」と思っていたのですが、さすがはステンレス!
結構時間掛かりました。

そして、出来上がったものがこちら!

すんなりはいるくらい、細くなりました。

これを、

ここの、レシーバーとシリンダーの間に入れていくわけですね。

そして

アウターバレルを通常通り入れていき、正位置の時にぎゅっと締まる様に
シムの厚さを調節してください。

当たり個体ですと、箱出しで正位置でぎゅっと締まり、全くがたつかない物もあります。
この固体は0.3を4枚に0.1と0.05を1枚ずつ入れてちょうど良かったです。

ここまでやって、やっとチャンバー弄ります。

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録1

VSR-G-specで長距離射撃50メートルを目指します。
何処まで集弾性を上げられるか?挑戦の日記です。

まずは、ノーマルに自作のバレルスペーサーを入れてみました。
思ったより効果があるようです。
その検証動画になります。

レンジ貸してもらいました。

日曜日、いつもの天狗山は貸切でしたので、久しぶりにチョィ遠出して
みんなの森へ行こうと思ったら予約満杯ww
「パッキンも硬めに変えたし銃が撃ちたい・・・せや!」
プルルルルル・・(電話の音)
「はい、天狗山です」
私「あの~貸切なのでしょうが、レンジで銃の調整しに行っても良いですかね?」
「ええで」

と言う訳で、撃ってきましたww
良い感じでした。あとはゲームで一日使って弾道の変化が朝と昼でどれくらい変わるかですね。

まあそんな事は別にいいのですww

ゴールデンウィーク天狗やまさん1周年パーリィ定例会です。
その告知の天狗やまさんのHPの写真。
「ワシやwww」

わし.jpg

「やだ!何此れかっこいい、私じゃないみたい」
保存しましたwww

そんで、調整もサクッと決まったので、55メートルの的作ってきました。
やばい、55メートル面白い。
バネ強化とバレルカットの効果かな、射程延びましたね。
今まで55メートルギリギリ狙える感じだったのが、ちょっと余裕が出た感じです。
恐らくギリギリ狙える距離、60位になってそうです。

でもですね、フィールドのレンタル銃マルイMP5撃たして貰ったのですが、
メチャメチャ安定してる。
距離こそ私の銃のほうが飛びますが、「何て綺麗に飛ぶのだろう」って感じでした。
ヤッパリマルイすげーな。
チャンバーがちゃんとネジ止めされているのが良いのかな?

そして、なんと1on1のフィールドも作ってきました。
あとは廻りにネットを張れば遊べます。
これは結構楽しみです。
バリゲに空き缶付けてあるので
スコープでのクイックショットの練習や
ハンドガンでのクイックショットの練習も出来る。
ようは、1on1だけでなくクイックショットの練習も出来るww

ゲームしないで、そこでばっかり遊びそうww