*

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録13

ちょっと間開いてしまいましたが、色々やってました。
結論から言いますと、一応完成となりましたよ。
ではどの様に完成させたか、前回からの続きを説明します。

前回マルイのホップパッキンで一つの形を完成しました。
しかし弾道が求めているものとは違うものでしたので、
宮川ゴムさんの長掛けパッキンをつかってみよう。
と言う所で終わりましたね。

んで、ここでホップと弾道について私なりの見解を先に延べておきます。

世の中には、長掛けが伸びる等と意見がありますが、
別に長掛けにすれば弾道が延びるものでは有りません。

「抜弾抵抗を下げながら、強ホップをかけられるの」と言うのもおかしいです。
ホップの仕組みを考えれば解るのですが、長掛けだろうと何だろうと結局は弾の上と下の摩擦抵抗の差で、
掛けるのですから、同じ回転数を与えるのには同じ抵抗が掛かっているのですね。
ですので、「長掛けにすれば飛距離が伸びる」とか「長掛けにすれば弾道が伸びる」と言われているのは
嘘だと思いますよ。
実際私の動画を見ていただければ解ると思うのですが、マルイのパッキンでも十分強ホップ掛けられます。
重要なのは押さえの方で、パッキンの精度に問題がないのであれば、
あとは、「押さえをいかに確りと高精度に安定して抑えられるか」が問題であり
創意工夫が必要になってくるところなんですね。

長掛けはむしろ弾道との軸が合っていないとおかしなことになったりしますので、
組み込みや、パッキン自体の精度が抜群に良くないと使い物にならないという
デメリットが多く存在してきます。

では、なぜ今回長掛けを使ったのかと言いますと、
「ホップの掛かり具合の微調整が楽」この一点のためです。
VSRで理想の弾道にするには、この一点がどうしても必要でした。

マルイのパッキンで完成させたものは6クリックであの弾道でした。
かなり良い弾道だったのですが、それでもいわゆる強ホップによるS字弾道ですね。
もっと浮きを抑えようとして5クリックにしますと、ホップが弱くてかなり上を狙わないと50まで届かない。
そんな感じでした。
「5.5クリックが欲しい」ww
VSRのホップ調整レバーはカチカチとクリックしながら動くタイプですので、
そんな微妙な調整が出来ないのですね。
しかしこれは、「撃っていてもホップがずれない」と言うメリットが有るので、
無くしたくは無い機能ですね。
レバーに付いている凸を取ってしまい、無段階調整できるようにする方法もあるのですが、
「ホップがずれない」と言うメリットも無くなってしまいます。
あとは、ホップアームの押さえの部分を削って微調整する方法も有るのでしょうが、
加工が繊細すぎて私には無理そうです。
失敗するとアームが終わり、チャンバーごと購入しなおしになってしまうので、
リスクも高いですね。

そこで長掛けです。
今までVSR用に出ている長掛けパッキンは、私的には制度が悪かったり、
ホップ掛ける突起が変な形で良くなかったりして、私にはとても使えるものでは無かったです。
この度宮川ゴムさんが、精度の良くシンプルな2点掛けのパッキンを発売してくれましたので、
先に進み完成させることが出来ました。

では何故、長掛けだとホップの微調整が出来るのかを説明していきます。

まずやったことは、普通に組むことでした。
宮川ゴムさんのパッキンには位置決め用の凸が付いていないので、
何の気なしに組むと十中八九軸が曲がって付きます。
自分で微調整しながら注意して組むことが必要ですね。
で付属の推しゴムをとりあえず。長掛けをフルに使える長さに切って使いました。
すると、6クリックで超鬼ホップ!昇竜拳弾道でしたww
5クリックですとホップが弱く、やはり相当上を狙わないと50まで届きませんでした。
「やっぱり5.5クリックが欲しい」ww
と言うことで此処からです。
やりかたは簡単でした。
推しゴムの長さを調整すれば良いのです。
とりあえず、大体3分の2の長さに切って試したところ、
来ましたよこれ!夢の5.5クリックww
S字弾道にもならずスーッと48メートルまで伸びていき、フッと残り2メートルまでの弾道が。
その様子の動画を紹介して、このプロジェクトは一旦終わります。
動画内でも言っていますが、推しゴムの長さをもっと細かく煮詰めれば
もっとベストな位置が有るのかも知れませんが、とりあえず一旦終わりです。
的の大きさ10センチの円で、40メートルから48メートルまで修正無しで狙えて、
30センチの円の的で50メートル、4倍スコープで見て縦修正メモリ一つ分で狙えます。

え?目標は35~48メートルじゃないのかって?・・・・・無理ですww

関連記事

no image

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。1/3

中古で半値以下で売っていたので、 前から気になっていたレトロアームズのチャンバーを 手に

記事を読む

no image

レンジ貸してもらいました。

日曜日、いつもの天狗山は貸切でしたので、久しぶりにチョィ遠出して みんなの森へ行こうと思ったら予約

記事を読む

戦犯!そしてMP5にアウターバレル装着!

平日、天狗山 平日の割りに、結構人数集まった日でした。 40人くらいかな? まずは、サバゲレポ

記事を読む

no image

可変ホップは実質固定ホップなり~

タイトルからして「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが、 ご安心くださいそれが普通ですww し

記事を読む

no image

MP5で長距離射撃

アウターバレル化上手く行ったみたいです。 日曜日天狗山定例会で試して着ました。 新たな、問題

記事を読む

no image

ICSのMP5に最高?のノズル

160831_1721[/caption] MP5使いの方に、朗報・・・か? ついに、次世代を

記事を読む

no image

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録11

前回に続いて、1ラウンドだけ撃ってきました。 結果は良好です。 前回帰ってから、ホップパ

記事を読む

no image

VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録2

次に行った事はアウターバレルとレシーバーの接後部の剛性を上げる事です。 ぶっちゃけ、ストックに固定

記事を読む

no image

長距離カスタム!

ふ・ふ・ふ、私の銃のホップ周りの秘伝のレシピを紹介しよう。 知りたいですか?知りたいですか?知りた

記事を読む

no image

意外とちゃんと飛んだ。バレル・・何でも良いかもww

某日、某天狗山 ドリル加工バレルの結果報告! 流速化・・・良いじゃないか! 前回の日記で書いた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
今すぐそのカスタムスプリングを捨ててマルイ純正に戻すのです!

バトンレンジが出来て、無風で50メートルまで撃てる環境になってから、

no image
マルイの設計に反逆する漢の物語②

前回、ノズルの下側が悪さをして安定しないのでは? と仮説を立てて図の

no image
マルイの設計に反逆を続ける漢の物語ww

前回の「可変ホップは実質固定ホップなり~」からの続きになります。 軽

no image
可変ホップは実質固定ホップなり~

タイトルからして「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが、 ご安心く

no image
パララックスについて。やはりM4なのだろうか?

今回はパララックスについてです。 皆さんご存知ですか?パララックス。

→もっと見る

PAGE TOP ↑