*

ヒットコールは大きな声で!

公開日: : サバゲー ,

ツイッターやるようになってから、放置状態だったこのブログですが、
この度思うところがありまして、書いておこうと思いました。
言いたい事は題名の通りなのですが、
何故、ヒットコールは大きな声でしなければならないのか。
私なりに、纏めてみました。

「ちゃんと、退場してるからいいじゃん」
と思う方も居ると思うのですが、そうじゃないんです。
一言で言いますと、「トラブルの元」なんですね。

ちょっと想像してみてください。

まず、ヒットの定義は「弾に中った事に、撃たれた人が気が付く事」ですね。

つまりは、撃たれた事に気が付いていないと、反撃できるのですよ。
たとえ、撃っている方が目視で中っている事が解っていても、
撃たれている人が、気が付かないとヒットにはならないのですね。

そうすると、撃っている方は気が付いてもらえるまで撃つしかないのですね。

それを止めて貰うのがヒットコールなんです。
「気が付いたよ~」と相手に伝えるのがヒットコールなんですね。
相手に伝わらないと、意味が無いんですね。
無言や、小声じゃ当然伝わりません。
「あ~」とか「痛い」でも伝わらないです。
撃たれた方は「痛いって言ってるだろう」って思うかもしれませんが
何が「あ~」なのか、何で「痛い」なのか解りませんからね。

それで、オーバーキルだなんだと、言い始めたら
トラブルの発生ですね。

撃ちすぎトラブルの原因は、実は撃たれている方に有るのが殆どです。

これは、私の主観ですが、最近ヒットコールしないで退場する人や
小さい声で「ヒット」って言う人を凄く良く見ます。
むしろ、まともなヒットコールしている人のほうが少なく感じます。
これは、近年の新規参入者が増えている事が原因でしょう。

何故、近年の新規参入者に限って原因なのかといいますと。

有料フィールドが出来る前の、河川敷とかでやっていた頃は、
ベテランが新規参入者に教えていたから、
ヒットコールの小さい人なんかは、矯正されていったのですね。

では今有料フィールドでそれが出来るのかといいますと。
「プレーヤー同士で直接言わないで下さい」と言う、縛りがありますので、
言えないので、無理なんですね。
フィールドで直接その場で指導するのが一番良いのですけどね
せいぜい、このようにブログやSNSで発信するのが限界です。

では、直接指導できる人は誰でしょう?

フィールドですね。

つまり、まともにヒットコールしない人が増えているのは
フィールドが指導しないからなんですね。

指導と言いますと言葉が強いかもしれませんが、
朝礼の時にしっかりと伝え、定例会中でも全体の放送で
「ヒットコールは大きな声でお願いしますね~、小さいですよ~」
みたいな感じで、何回か注意するだけでも変わってくると思います。

後はスクールみたいに教える立場の方々が、
まずはヒットコールの練習からするのがよいとおもいます。
出来る人には「そんなこと練習いる?」と思うでしょうが、
考えてみると、普段大きな声を出す機会も無い人が
いきなり大きな声で、人前で叫ぶ事に、
抵抗を感じてもおかしくないですよね。

どれだけ、指導できる立場の人にこの声が届くか解りませんが、
少しづつでも変わっていくことを願います。

最後に

大きな声でヒットコールするのがかっこ悪いと思っている方、
普段の私生活では、大きな声で叫ぶのはみっともないかも知れません。
しかし、サバゲーフィールドで、大きな声でヒットコールできないのは、
はっきり言って、ダサいです。
どんな、オシャレな格好しても、どんなに装備を整えてよい銃使っても
無言や小声で「ひっと」って言って退場していたら、
できるサバゲーマーの方は「プ、なんだあいつww」て思ってますよ。

大きな声で叫ぶ事に慣れていない方は特に

「ヒットコールが一番の頑張り時」と思ってやってみて下さい。

関連記事

no image

ノズルのガタツキなんとかならんかな~

2017年1月3日 年末、天狗山に行って来ました。 50メートルヘッドショットとか気持ちの良い

記事を読む

超・極短サイレンサー!

某土曜日、天狗山 前回のサバゲーで、なんか、たまに変な弾道が出る。 サイレンサーを見てみたら、出

記事を読む

no image

サバゲーレポ、みんなの森

本日は「遠くから撃つぞう」 自分の銃の射程ぎりぎりからスナイプするのだ。 50メートルヘッドショ

記事を読む

no image

地獄のMP5!ww

某日、某天狗山 行ってから、ずいぶん間開いてのレポ 確か、平日、日曜日の2回行った 良く覚えて

記事を読む

no image

天狗山でサバゲー2連荘ww

土日、某天狗山 怒涛の2連戦! 「へへ・・燃えた、・・燃えたよ・・真っ白な灰になるまで・・・」

記事を読む

no image

射線探しの旅!

平日、某天狗山 射線探しの旅。 アウトレンジ攻撃はロマン 遠射で戦ってると、ドンドン相手との距

記事を読む

初スコープ!

某日、天狗山 スコープって良いね! 見える、見えるぞ! 天狗山、春から通って夏をへて、冬になっ

記事を読む

no image

初のガスブロ!

某日、天狗山 フリマってステキww ついにサイドアームを手に入れてしまった! マルゼンのGBB

記事を読む

no image

天狗山フィールドレポ

某日、某天狗山 私のところから一番近い森林フィールドですので、最近は此処ばかりです。 今更ながら

記事を読む

no image

久しぶりに、みんなの森行ったよ。

GW4日みんなの森 せっかくの、連休いつもよりちょっと遠出して、みんなの森さんへ 行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
皆いろいろやればいい。

エアガンは色々なカスタムで特性が変わります。 それぞれ楽しみが有るの

no image
VSRカスタム、50メートルで精密射撃!14

最近、ブログには書いてなかったですが、AK用に作ったチャンバースペーサ

no image
ノズル長・・・お前ー!

さて、前回ノーマルとチャンバースペーサーを付けた物の集弾性を比較しまし

no image
電動ガンの命中精度が安定しない、最大の理由の解決に成功!

VSRの自作パーツで良い結果が出た理屈の応用で、電動AKもVSR並みに

no image
今すぐそのカスタムスプリングを捨ててマルイ純正に戻すのです!

バトンレンジが出来て、無風で50メートルまで撃てる環境になってから、

→もっと見る

PAGE TOP ↑