マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。2/3

さて、とりあえずチャンバーは組み込む事が出来ました。
ここで、ちょっとチャンバーのアームを見てみましょう。

アームのくちばしの部分が、押しゴムより幅広です。
これでは、横にずれてしまうのではないかと思います。
マルイの押しゴムや、ナマズのようなフラット押しでしたら、
あんまり影響ないかもしれませんが、
二点押しのように溝があるものですと、アームに接着しないとダメかもしれませんね。

そして、上の写真のように押し位置が、マルイに比べてメカボ側に来ています。
これですと、マルイのパッキンを使いますと適正位置で押せない事になります。
ですので、苦肉の策でなまずを使って押すことにしました。
(マルイの押しゴムで押したかった)

そして、押しゴムを挟み込むくちばしの長さが、
マルイに比べて半分くらいしかありません。
押しゴムは真ん中に穴も開いてあり、弾力があるものなのですが、
実はマルイのアームに装着しますと、押しゴムが歪まないように、
くちばしで挟みこまれ、けっこう硬くなります。

このくちばしの挟みこむ部分が短いと、
押しゴムに圧がかかると直ぐに歪んで、ふにゃふにゃになってしまうのですが、
弾道にどう影響するのかは、未確認です。
それに、ナマズで押すのであまり関係ないかも。
けど、正直余り気持のいい物ではないですね。

アームの形状の違いで、もう此の辺から嫌な予感がしてきています。ww

そして、次にコッキングレバーを取り付けるのですが、
こいつが一番干渉します。

写真は、加工前のものです。
特にHOPレバーの辺りが干渉します。
どうせ、トップカバーで隠れるところですので、
コッキングレバーが動かなくなったりしないようにだけ気をつけて、
干渉するところは、ばっさり切り落としてもいいと思います。

私のAKはスペツナズですので、コッキングレバーの上にバッテリーは来ません。
しかし、FETユニットがコッキングレバーの上に来るようにしてありますので、
台座として、ある程度残しておく必要がありました。

次は、実射です。

続く

 

toranosuke

投稿者: toranosuke

昭和40年代生まれのおっさんです。 サバゲーや、エアガン弄り、エアガンカスタム、エアガン改造のブログです。 サバイバルゲームは、私が子供の頃から有った遊びです。 子供の頃に夢中になった遊びは、おっさんになってからも面白いです。 人ってそんなに、変わらないのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です