VSRカスタム50メートルで精密射撃。記録3

遠距離射撃をするので、長掛けにしようと思うのですが、
一番の壁は「押しをどうするべきか」です。
MP5の時に気がついたことを、一度此処でおさらいします。

アーム式の押しの場合適正HOP時に確りと長掛けになるように
押しゴムの角度を調整しなければならないのですが、
これが、ベストの位置を出す事が不可能なんですよね。

ちょっと詳しく書きますと、適正HOP時に弾の進行方向と平行になっているのが
長掛けを最大限に生かせるのですが、ポン付けですとまずこうは成らないです。
アームの押しゴムを抑えるところの形状によっては
MP5の時に書いた「シーソー現象」がおこってHOPの掛が安定しません。
ですので、アームによっては接着は必要になると思います。
しかし、接着するとアームの動きで押しゴムの角度が変わってしまうのですね。

下手をすると、全然長掛けになってなくて一部分でしか押されていない事もあります。

ですので、この企画の最終的にはチャンバーを改造してエレベーター式での
押しをするつもりです。

しかし、今しばらくはアーム式での試行錯誤にお付き合いください。

シーソー現象は解消させますが、角度についてはアーム式でやる時は
あまり手を加えないで行こうと思います。

toranosuke

投稿者: toranosuke

昭和40年代生まれのおっさんです。 サバゲーや、エアガン弄り、エアガンカスタム、エアガン改造のブログです。 サバイバルゲームは、私が子供の頃から有った遊びです。 子供の頃に夢中になった遊びは、おっさんになってからも面白いです。 人ってそんなに、変わらないのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です