戦果乏しく実り多く。

休日、寒風吹きさす天狗山
厳しい戦いだった。
相手が手練ばかりだった感じがしました。
具体的にどんな感じだったのかといいますと。

まず、頭を簡単に出さないです。
索敵も何気に苦労しました。
苦労したという事は、基本的に見つかりにくい動きをちゃんとしているのではないだろうか?
たとえ、戦果が乏しくても、こういう厳しい戦いの後は、「あの時、ああ動けばよかった」とか、
「こう動けばよかった」っていろいろ、試したい事が出てきて良いですね。
戦果は一人だけしか、倒して無いやYAHOOO\(^o^)/
けどその一人が、50メートル先のバリゲからちょっと出ている脚に、
中てれたので、結構満足www
気持ちよかったー!
他にも、捕らえたのは幾つかあったのですが、外して逃してしまった。
あれ、中てたいな~。

もっと、遠距離での精度を!もっと、もっとだ!www

ってことで、タペットプレートとノズルを接着し剛性を上げてみました。
此の辺が、逸れる原因でないかな~

toranosuke

投稿者: toranosuke

昭和40年代生まれのおっさんです。 サバゲーや、エアガン弄り、エアガンカスタム、エアガン改造のブログです。 サバイバルゲームは、私が子供の頃から有った遊びです。 子供の頃に夢中になった遊びは、おっさんになってからも面白いです。 人ってそんなに、変わらないのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です