シーソー現象解決なるか?

160913_0917

前回の(問題提起変)に続いて、長かけホップのシーソー現象
の解決パーツ、試作辺
はじまり~!

図を見てなんじゃコリャ?って思うかもしれません。
何故このようなものを、作ったかは前話を見ていただきたい。

用は弾が通った時に、上がったバレル側を元に戻したいわけなのです。
「スプリング見たいに動けばよいんだよな」と思い、色々試しました
図で見ると簡単なのですが、なにせパーツが小さいです。
最初はマルイの押しゴムをバレル側のアームと長かけゴムの間に入れようと
思ったのですが、大きすぎて無理でした。
何か無いかな?と思い、ガサゴソ・・・ないな~。無理かな?
と半ば諦めていた、その時!
作成途中のバネ式手榴弾作成時に使った、スポンジゴムが目に入り。
「これ・・・か?」
少し大きめに切り、アームに瞬着で接着、ニッパーで適当に整えました。(良い感じで長掛けにテンション掛かるくらい)

そんで、そのスポンジのテンションでメカボ側が上がり過ぎないように、
長かけが、平行に成るくらいに、布テープ貼り付けました、
若干の遊びは残しました。布テープはアームのアーチの部分まで貼り付けてあり、かさ上げになっています。

「おお、これは中々良いんじゃね?」
チャンバーにセットしてしまえば、貼り付けたものは全て押さえつけられるので、
私の、適当工作でも、耐久性には問題無い様に思えます。

とりあえず、初速測ってみましたところ、見事に一発ごと交互に初速が約1変わる
現象が無くなり、1以内に収まるくらいになりました。
たまに変な初速出ますが、出るときで3発に一発くらい、調子がいいと10発連続で
も安定します。
方向性は間違ってなかった気がします。
此処から先は、スポンジのテンションの掛かり方や、形状の突き詰め、
布テープのかさ上げ具合の突き詰め、によって更に進化はするような気もしますが、とりあえず、もう良いですw

次は、実際にレンジで撃ってみてからですね。

次号「とらのすけのMP5よ・・・君はスナイパーライフルになるんだね・・・・無茶しやがって・・・」
辺をお送りしたいと思います。
良い気がする(笑)

160913_0917

toranosuke

投稿者: toranosuke

昭和40年代生まれのおっさんです。 サバゲーや、エアガン弄り、エアガンカスタム、エアガン改造のブログです。 サバイバルゲームは、私が子供の頃から有った遊びです。 子供の頃に夢中になった遊びは、おっさんになってからも面白いです。 人ってそんなに、変わらないのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です