パララックスについて。やはりM4なのだろうか?

今回はパララックスについてです。
皆さんご存知ですか?パララックス。
簡単に説明しますね。

こう言うことです。
銃口はサイトより下のあるわけですから、多かれ少なかれサイトの軸よりも上方向に向けて撃っているわけですね。
その角度はゼロイン距離が近ければ大きくなりますし、遠ければ小さくなります。
こんな感じです。イメージできますでしょうか?

そして、ここでパララックスなんですが、パララックスの違いでも撃ち出す角度が変わります。

サイト1の方がパララックス大きくて、サイト2の方がパララックス小さいのが解りますかね?
図のようにハイマウントのほうが大きくなるわけです。

サバゲーで考えて見ましょう。
的1と的2までの距離が15メートルとします。
サイト1もサイト2も15メートルでゼロインすれば15メートルは当たりますね。
その後弾はどう飛ぶかといいますと。まっすぐ飛ぶとしたらサイト1の方が上へ向けて撃っていますので
急角度で上へ飛んでいきます。
ホップ調整で出来るだけフラットに飛ぶように調整しても、パララックスが大きいサイト1の方が
20メートル先、30メートル先ではサイト2より上へずれて着弾するわけです。

では出来るだけ、マウントを低くしてパララックスを小さくしたほうが良いのでは?
と思うでしょうが、確かに低くすればするほどパララックスは小さくなりよいのですが、
頬付け出来なくなって狙いにくくなったりしますので、自分に有ったバランスが大事です。

フィールドにもよるのですが、サバゲーで使いやすいホップ調整と、ゼロイン距離は10~30メートルを修正しないで狙える調整だと思います。
外フィールドなら大抵これくらいです。

室内とかの交戦距離が極端に短いフィールドは、よっぽど極端なハイマウントにでもしない限り
パララックスはあまり気にしなくて大丈夫です。ホップ調整も弾ポロしないくらいで通用してしまうので
シビアにならなくて大丈夫だと思います。
ノンホップでもゼロイン距離3~5メートルで15メートルくらいは、修正無しで狙えると思いますよ。

問題は広いフィールドのときですよね。
私が良く行く天狗山では、欲を出せば10メートルから40メートル位修正無しで欲しくなります。
これは、かなり難しいとおもいます。
実際は15メートルから35メートル位まで、修正無しで当たれば上出来ではないでしょうか。

こう言うギリギリの調整を求め始めると、パララックスの問題が無視できなくなり、
やっぱり、M4みたいに銃口の直ぐ上にレイル付いているタイプが良いのかな~?
と悩み始めて、剥げそうです。
だから、だれか次世代M4ちょうだい。

 

VSRカスタム、50メートルで精密射撃!記録7

先日、記録6を投稿した後にまたレンジで撃って来たのですが、
記録に残す気もおこらないくらいメチャメチャでした。
「荒ぶる弾道」ww

で、帰ってチャンバー開けてみた所、

妙に磨耗している。
まだ、1000発も撃っていないはずなのに。
でA+AIRSOFTの魔ホップパッキンは耐久性に難有りと判断して、使用を止めました。

目標が「サバゲーでも使いやすい」ですのでこの耐久性は駄目ですww
台湾製のパッキンですからね、しょうがないね。

海外製の物が品質上がったとは言いますが、
ゴムパーツは日本製の物が品質良い気がします。

チャンバーパッキンなんかのエアガン専用のゴムパーツは、
日本製でも寸法がメチャメチャで、「何を基準に作ったんだ?」
って感じですが、Oリングなどの規格品は、日本製がぴか一です。

あ!マルイ純正パッキンは別格で良いですよ。

で「パッキンどうしようかな~」と悩んだのですが、
今のところ、良い長掛けパッキンが見つからないので、
とりあえずは、長掛けせずにマルイで行きます。

最近話題の「宮川ゴム」さんが、VSRの長掛けパッキンを開発しているようですので
長掛けはそれに期待して発売を待ちましょう。

でシリンダーのがたつきや、弾の保持位置が気になったので次の加工をしました。

シリンダーを強く押し込むと0.4ミリほどチャンバーパッキンに押されて戻ります。
0.4ミリ、アソビがあるのですね。
これだと、コッキングしたときの強弱で、
弾の保持位置が変わってしまう気がしましたので、
必要以上に弾を奥に押し込まないように、
シリンダーの先に0.4ミリ、プラ板を貼りました。

そして、前回気になった
「マガジンを入れた時と、外した時で弾道の安定が変わる」問題を解決するために
こうしました。

どうです?この「滲み出る、ヤケクソ感」

ビニールテープとセロテープ使ってアウターバレルとの隙間埋めましたよ。
きついと、コッキング出来なくなりますので、上手くすり合わせが必要です。

給弾口からノズルを押すと、若干ノズル動いていたのですが、
これで、動かなくなりました。

マガジンが原因で安定性が変わるなんて、
マガジンの弾を押す力でノズルに影響が出ているとしか、無いんじゃないかな?
かな?

ちなみに、銃口から覗いてみましたが、
ええ、ノズルの軸は合っていませんでしたともww

けど、これでマガジン挿した時と外した時で弾道が変わることは無くなりました。
どちらも、良くは無いですけどねww

で10発ずつ7ラウンド撃ってきた動画です。
どうしても、最後の一伸びが無くて上から落とす弾道に成ってしまいますね。
今0.28の弾使っているのですが、今度は0.25で試してみようと思います。

10発づつ、7ラウンド。一番良いのは7ラウンドです。

2ラウンド、3分位から
3ラウンド、6分35秒位から
4ラウンド、8分48秒位から
5ラウンド、12分位から
6ラウンド、13分17秒位から
7ラウンド、16分46秒位から

 

 

ヒットコールは大きな声で!

ツイッターやるようになってから、放置状態だったこのブログですが、
この度思うところがありまして、書いておこうと思いました。
言いたい事は題名の通りなのですが、
何故、ヒットコールは大きな声でしなければならないのか。
私なりに、纏めてみました。

「ちゃんと、退場してるからいいじゃん」
と思う方も居ると思うのですが、そうじゃないんです。
一言で言いますと、「トラブルの元」なんですね。

ちょっと想像してみてください。

まず、ヒットの定義は「弾に中った事に、撃たれた人が気が付く事」ですね。

つまりは、撃たれた事に気が付いていないと、反撃できるのですよ。
たとえ、撃っている方が目視で中っている事が解っていても、
撃たれている人が、気が付かないとヒットにはならないのですね。

そうすると、撃っている方は気が付いてもらえるまで撃つしかないのですね。

それを止めて貰うのがヒットコールなんです。
「気が付いたよ~」と相手に伝えるのがヒットコールなんですね。
相手に伝わらないと、意味が無いんですね。
無言や、小声じゃ当然伝わりません。
「あ~」とか「痛い」でも伝わらないです。
撃たれた方は「痛いって言ってるだろう」って思うかもしれませんが
何が「あ~」なのか、何で「痛い」なのか解りませんからね。

それで、オーバーキルだなんだと、言い始めたら
トラブルの発生ですね。

撃ちすぎトラブルの原因は、実は撃たれている方に有るのが殆どです。

これは、私の主観ですが、最近ヒットコールしないで退場する人や
小さい声で「ヒット」って言う人を凄く良く見ます。
むしろ、まともなヒットコールしている人のほうが少なく感じます。
これは、近年の新規参入者が増えている事が原因でしょう。

何故、近年の新規参入者に限って原因なのかといいますと。

有料フィールドが出来る前の、河川敷とかでやっていた頃は、
ベテランが新規参入者に教えていたから、
ヒットコールの小さい人なんかは、矯正されていったのですね。

では今有料フィールドでそれが出来るのかといいますと。
「プレーヤー同士で直接言わないで下さい」と言う、縛りがありますので、
言えないので、無理なんですね。
フィールドで直接その場で指導するのが一番良いのですけどね
せいぜい、このようにブログやSNSで発信するのが限界です。

では、直接指導できる人は誰でしょう?

フィールドですね。

つまり、まともにヒットコールしない人が増えているのは
フィールドが指導しないからなんですね。

指導と言いますと言葉が強いかもしれませんが、
朝礼の時にしっかりと伝え、定例会中でも全体の放送で
「ヒットコールは大きな声でお願いしますね~、小さいですよ~」
みたいな感じで、何回か注意するだけでも変わってくると思います。

後はスクールみたいに教える立場の方々が、
まずはヒットコールの練習からするのがよいとおもいます。
出来る人には「そんなこと練習いる?」と思うでしょうが、
考えてみると、普段大きな声を出す機会も無い人が
いきなり大きな声で、人前で叫ぶ事に、
抵抗を感じてもおかしくないですよね。

どれだけ、指導できる立場の人にこの声が届くか解りませんが、
少しづつでも変わっていくことを願います。

最後に

大きな声でヒットコールするのがかっこ悪いと思っている方、
普段の私生活では、大きな声で叫ぶのはみっともないかも知れません。
しかし、サバゲーフィールドで、大きな声でヒットコールできないのは、
はっきり言って、ダサいです。
どんな、オシャレな格好しても、どんなに装備を整えてよい銃使っても
無言や小声で「ひっと」って言って退場していたら、
できるサバゲーマーの方は「プ、なんだあいつww」て思ってますよ。

大きな声で叫ぶ事に慣れていない方は特に

「ヒットコールが一番の頑張り時」と思ってやってみて下さい。

久しぶりに、みんなの森行ったよ。


みんもりやまさんとU氏.jpg

GW4日みんなの森
せっかくの、連休いつもよりちょっと遠出して、みんなの森さんへ
行って来ました。
げーる友のやまさんと、初会合!前日は緊張して寝れませんでしたww
やまさんのご友人のU氏と共に、とても気持ちのいい愉快な方で
とても、楽しかったです。ありがとうございます。
また、ご一緒しまショー(^^)/

さて、久しぶりに行ったみん森ですが、大幅に改造されていて、以前よりも広くなって
面白かったです。
私敵には、左の山側スタートが打ち下ろしで、索敵もし易くたまりませんでしたね。

そして何と言っても、P99ハンドガンでの初キルやっと取れました。
今まで、セーフティが掛かっていて逃したり、倒したと思ったらみ方だったりして、
なかなか取れませんでしたが、やっとです。
もう、この日のノルマは達成ですww

そして、MP5君はといいますとあんまりパッとしませんでしたww
MP5君は悪くないのです。私が不甲斐ないばっかりにあまり、活躍させて上げられませんでした・・・すまぬ・・・・すまぬ・・・

そんで、一ゲームだけやまさんにVSRを借りてゲームしました。
メッチャ楽しいww
一発ずつ「おりゃ!中れ」って撃てるのは、やはりボルトアクションならではの精度のお陰でしょうか?
一発必中を目指したくなりますね。
次のエアコキ祭りまでに手に入れなければww

久しぶりに来まして、あらためて思いましたが、ここのフィールドは本当に良いですね。作りも良いのですがそれ以上に、オーナーさんのサバゲ愛が至る所に滲み出ている気がします。
上手く言えないですが、行けば解りますww
あまり、あっちこっち行った事の無い私ですが、お勧めです。
ベテランは「ああ!サバゲって元々はこう言う遊びだよな」ってことを思い出させてくれたり。
始めたばかりの方は「こういう感じで遊ぶんだ」てのが解り易いと思いますよ。
ネットやメディアの情報は何か違うものが多いってのも、実感できる感じですね。
行ける方は、行きましょうww

あくまでも、自己責任でww

戦犯!そしてMP5にアウターバレル装着!

平日、天狗山
平日の割りに、結構人数集まった日でした。
40人くらいかな?

まずは、サバゲレポ。今回はちゃんとレポしますww
「意外と思い込みで、プレイしているのだな」と実感した日でした。

ガスブロも動き出したので、「ハンドガンで倒したい」と思い。
お昼の殲滅戦でハンドガンで開幕ダッシュ。
CQBエリアに突撃。「ヒャッハー!」

「居るかな?む!左側から気配!」
「今だ!」距離1メートル。
「グハー、セーフティがががが」
「反撃してこない!びっくりして固まってるのか?」
「まあいい、解除してドリャー!」(この間2秒ほど)

「やった、ハンドガンで初ヒット取ったよ、これぞCQBだよ」

すると、撃たれた方が私のほうに向き合って自分のマーカーを指差す・・・・

私「ん?赤か・・・私も・・・・赤だな・・・・・・・」
「あぴゃー!やっちまった!」
「本当に、すみませんでした。私の前に居るのは敵だと思い込んで、ちゃんとマーカーをみてませんでした。」

当然、謝意を伝えまして。
相手の方も、快く「いいよ、いいよ」と言ってくださいました。

「紳士だぁ」

そして、話は変わってこの日は、結構何回も同じ方に倒されました。
その方は、外周を回り込んで来ることが多く、
私の居る場所とかち合い易いのですね。

いつの間にか回り込まれて見事に倒された事が何回かありました。
まったく気配が取れなかった回も有りました。

しかし、反省として思い返してみると。
「なんか、居る気がするな~。居たらここ危ないな。
けどせっかくの狙撃ポイント、動きたくない」
「時間的にも、まだ来ないだろう」
この思い込みがやられた原因な気がします。

居ると思ったら、徹底的に索敵することが生き延びるために大事だな~と実感しましたよ。

いずれにしよ、お見事でした。(^o^)丿

そんで銃の話ww

前回、首廻りを強化した銃、強化具合が足りなかったのか、
弾道はあんまり変わりませんでした。ww

さらなる、弾道の安定性と飛距離を求めて、
レシーバー側もスリット戦法で行く事にしました。
よく考えたらレシーバーのモナカ構造はフロントで挟み込む構造になっているので
スリットで力が加わっても大丈夫だろうと判断したためです。
アルミ合金だしね。
そして、とうとうアウターバレルの装着に手をつけましたよ。

アウター.jpg

左の黒い棒がそうです。
スプリングも強化してバレルをカットして初速調整。
アウターはフロントに差込、芋ネジでがっちり固定する予定です。
アウターとバレルの固定は、バレルにシールテープをグルグル巻いて圧入して見ます。
本当は芋ネジでがっちり固定したいのですが、
アウターのパイプが薄いのとバレルとのクリアランスが狭すぎるので、
芋ネジ付きませんでした。

と此処まで来て、問題発見!
カットしたバレルの延長線とフロントの銃口の軸が合ってないww
カットする前は気が付かなかったのですが、
バレルからチャンバーにかけて、
今まで変な力が加わってたのでは無いだろうか?

このまま組めない事は無いのだけれど、どうせなら合わせて見ようと思います。
フロントの銃口を下側へ削って見ます。

う~ん、この辺の精度が正に中華レベル。
これが今一安定しない原因だったりして。
上手くいくと良いな~

超・極短サイレンサー!

某土曜日、天狗山
前回のサバゲーで、なんか、たまに変な弾道が出る。
サイレンサーを見てみたら、出口の上側に弾の擦った後がありました。
強ホップのおかげで、どうもサイレンサーに当たるらしい。
オリジナルのハイダーに戻すも、銃口が狭いのでこれにも当たっていました。

というわけで、サイレンサーを切って自作ハイダーを作っていどみましたよ。

ハイダー.jpg

此れはもうドリルで穴開けてこんな感じになっていますが、当日はこの横のスリットのアナは無いです。
結果はどうなったかと言いますと、超五月蝿いwww

パンパン、パンパン爆音チューンに成ってしまったwww
せっかく作ったのだから、使ってみようと使いました。

最初は、「意外とばれない物だな」って思っていたのですが、
あるゲームで、ゲームに参加していたスタッフさんを発見
距離もあるし、ブッシュの中からだからばれないだろうと、撃っていました。
ブッシュがなかなかぬけなくて、何発か撃っていたら、見つかって反撃されました。

ゲーム後スタッフさんに「よく、あそこに居るって解りましたね?」って訪ねたところ、
「何で解ったかと言うと、音ですww」とのご回答。

音か~!やっぱり爆音じゃばれるかww
なので、外して何もつけない状態で、やってました。
そこで、気が付いたのですが、「サイレンサー付けた方がばれない!」

今までは別に付けなくても、他の発砲音に紛れ込ませたり、相手の注意のそれた時を狙えば、別にばれないので、気にしてなかったのですが。

一度サイレンサーをつけてやってみると、明らかに、スコープごしに見る狙った相手の反応が違いました。
「効果あったんだ」

って事で、何か良い方法無いかな?って試行錯誤した結果、
写真のようにスリットを入れてみた。
すると何もつけないのと同じになりました。
けど、まだ五月蝿い。

てことで
中に劇落ち君詰めて、超ショートサイレンサーにしてみました

サイレンサー小.jpg

「おお、大分静かになった!銃口に弾が当たっている様子も無い」

けど、越後屋で短いの買ってしまったww

サイレンサー.jpg

10センチくらいのやつ。
こちらも中のスポンジ取って、劇落ち君詰めてみました。
こっち、の方がやっぱり静か!
銃口に当たらないかな?

どちらが、使い勝手が良いか、試すのが楽しみです。

天狗山でまたまた2連荘ww

某日、天狗山
また、やってしまった土日2連ちゃん(汗)
本気のアンブッシュ、これぞスナイパーの役目

今回は、ちゃんとサバゲの話w
印象に残ったゲームの話

手前スタートで左側の山
新しく出来た緑櫓を狙撃しようとスタンバーィww
距離があるし、ギリーで山の中なので、体が出ていても動かなければそうそう見つかりません。

櫓の窓からチラチラ見える頭を狙って、パスンパスン撃つものの、(45~50)
「中らん!」ww
枝、葉っぱにはじかれてしまう。

そうしていると、自軍アタッカーが果敢に攻め上がり始めました。(3人ほど)
しかし、一人、また一人と散っていく同士たち。

「私、一人か・・・」

何故か、本気で防衛しようと思い、「隠れますよ」っと
いつもなら、チラッとでも見えたらとりあえず撃ってみる私ですが、
ここは本気の防衛モード、中てられる状態になるまで、撃ちませんww

相手、櫓の窓からこちらの方を「ジー・・・」
私、「撃ちません・・・」
相手「ジー・・・」
私「撃たないよ~」

もう居ないと判断したのか、櫓から出て進軍し始めました。
私「40メーター!よし、頃合だ!」
一人目ダウン、次!ダウン

「もう、居ないか?いや、まだいる!」

木の陰から銃口と片目だけ出してスコープで必死の索敵

ここで、ゲーム終了。

稜線の先から次々に出てくる相手。6人ww

「うおお、まだこんなに居たのか」

一人で抑えていたと思うと、胸熱でしたwwムフー!

意外とちゃんと飛んだ。バレル・・何でも良いかもww

某日、某天狗山
ドリル加工バレルの結果報告!
流速化・・・良いじゃないか!

前回の日記で書いたバレル。
6.04のタイト系に太さ6.8ミリのドリルを、5.7ミリほどねじ込んだ物。
センターも出てないし、切削面もガタガタでしたが普通に飛びましたww
こうなると命中精度にバレルの良し悪しは、ホント関係ないんじゃないだろうか?

バネ強化でチャンバーを抜ける弾速を上げたおかげで、射程が2メートル程
延びた気がします。(5メートル位かも)
私にとってこの2メートルはでかい!

話は変わって、流速と言われているもの&S字弾道の話。
流速はホップ回転を稼ぐセッティングだと思うのですが、
その特徴を生かそうとすると、やはりS字弾道になってしまうと思います。
射程(飛距離)よりもフラットな弾道を求める方は、
流速化はデメリットしかない気がしました。

フラット弾道良いですよ!とにかく中ります。射程内なら中ります。
家でちょっと、エイムの練習すれば、サッっと構えてスパッと倒せます。
気持ちいいー!
流速なんて要りません。パーツの寿命を縮めるだけです。

S字弾道?
ありゃ駄目だ!
ぐにゃぐにゃ曲がって中りゃしねえ!
あんな物を売りにして、よく商売しているものだ。
よく知らないで、チューン頼んだ人は、
フィールドで余りの当たらなさに閉口するだろう。
まったく・・・・・

私はS字弾道だけどねwww
アウトレンジ最高\(^o^)/
めざせ、S字流速使い!

天狗山でサバゲー2連荘ww

土日、某天狗山
怒涛の2連戦!
「へへ・・燃えた、・・燃えたよ・・真っ白な灰になるまで・・・」
サバゲ廃人になりそうで、怖いですww

初日は20人位と土曜日にしては少なめ。
インフル流行ってキャンセル相次いだらしい。
気をつけなければ。
まったりとした感じで、ヤッタリ、ヤラレタリ。
以上ww

日曜日
さすが休日60~70人位
さすが休日常連さんが集まっていました。
普段は別チームに分けるのでしょうが、
この日は常連さんが「お願い最初だけでいいから、同じ組でやらして」
って事で、かたまりました。

これが、あんな惨い事になるなんて・・・・
常連だから、有利な場所は把握済み。
最初2ゲームは無限復活。
ッて事は・・・・
そうです、始まったのです!一方的な蹂躙が!

「こ、これは同じ組に居るより相手側になった方が面白いのでは?」
ってことで、常連組みを裏切る私www

まあ私一人が動いたからって、状況が変わるものではないですが。
一応、常連の好きなポイントやどんな風に攻撃してくるかと、
それを相手に、どんな風に戦えば楽しめるかを、新たな同士へ伝えました。
「防衛戦をやるぞ!」
これが、面白かった!
同士が一人減り、また一人凶弾に倒れ・・・残りは私ともう一人・・
お互い、アイコンタクトをして、頷く・・・覚悟を決めた瞬間だったw
残り一分、最後の突撃をしてくる相手。
私「うおおおおお!」
しかし、多勢に無勢、一人倒してあっけなくやられてしまった。
けど、面白かった~!

ハンドガン戦でこの前フィールドのフリマで買った丸善P99GBBのデビュー
マガジンをカイロで暖めて、グリップにカイロ貼り付けてやりました。
飛ばねーww
何かホップが利いてないみたいでドロップします。
買った時からホップ弄ってなかったから、ホップ調整が悪いのかな?
って思って帰ってから、ホップ見てみたら芋ネジが最後まで締まっている。
「あれ?これ最大ホップじゃないの?緩めるとかかるのかな?」
チャンバー、ホップパッキン系がへたってるのですかね?
ネットで探したけど、丸善のP99GBBのホップ周りの情報が無いでごわす。
教えて、紳士、淑女さまww

戦果乏しく実り多く。

休日、寒風吹きさす天狗山
厳しい戦いだった。
相手が手練ばかりだった感じがしました。
具体的にどんな感じだったのかといいますと。

まず、頭を簡単に出さないです。
索敵も何気に苦労しました。
苦労したという事は、基本的に見つかりにくい動きをちゃんとしているのではないだろうか?
たとえ、戦果が乏しくても、こういう厳しい戦いの後は、「あの時、ああ動けばよかった」とか、
「こう動けばよかった」っていろいろ、試したい事が出てきて良いですね。
戦果は一人だけしか、倒して無いやYAHOOO\(^o^)/
けどその一人が、50メートル先のバリゲからちょっと出ている脚に、
中てれたので、結構満足www
気持ちよかったー!
他にも、捕らえたのは幾つかあったのですが、外して逃してしまった。
あれ、中てたいな~。

もっと、遠距離での精度を!もっと、もっとだ!www

ってことで、タペットプレートとノズルを接着し剛性を上げてみました。
此の辺が、逸れる原因でないかな~

サバゲあるある1

平日、某天狗山
お互い居場所が解っていて、正面からの打ち合いは余り好きではない
私ですが、ちょっと笑ったシチュエーションがありました。

残り時間5分くらいで、谷を挟んで反対側の山
2人ほど発見!距離にして50オーバー。
手前にいた相手を「中るかな?」と思いつつ撃ってみました。
相手「ヒット!」
「お!中ったのかな?」
けど味方が一人先行していたので、その人が仕留めたのかも。

笑ったのがその後でした。
ちょっと後ろにいたもう一人相手の方が、警戒して木の陰に隠れました。
また「届くかな?」と思い、出ている頭を狙って何発か撃ち込んだところ
相手も私の存在に気が付いて、反撃!
フルでバンバン撃ってきます。
しかし、届いてない。
私の3メートルくらい手前に着弾
私も反撃、打ち込みます。
しかし、届いていないっぽい。

最初はお互い、ちょっと気をつけて木やバリゲの影に隠れながら撃っていたのですが、届いてないものですからだんだん大胆になり終いには、体全部出して
最後まで撃ち合ってました。
届いてないのにwww

その後セーフテイで「あ~あなたでしたかww」って話になって
話してみると「いや~、届いてないな~って思ったんですけど、奇跡が起きないかなって、しつこーく撃ってましたwww」
とのこと
同じだ!www
「私も、届け!中れ!」って言いながら撃ってました。

・・・・・・・何か、文にするとあんまり面白くないですね・・・・

そんときは、笑えたんだってバYO

新宿の越後屋に行ってみた。

衝動買いした結果・・・

CAFUJRSR.jpg

どうして、こうなったwwww

音は静かになったょ(^^)/

ノズルのガタツキなんとかならんかな~

年末、天狗山に行って来ました。
50メートルヘッドショットとか気持ちの良い、狙撃もちらほら有りまして、
楽しかったのですが、何かもやもやするwww
外した場面が忘れられないwwwくやちー!

「何か右行ったり、左行ったりするな~」と思って
正月チャンバー廻りばらしてみました。
う~んどうもパッキンが磨耗したっぽい。
「交換っと」
ついでに、どんぴしゃにチョイ加工。
使ってないバレルに、いらないチャンバーパッキンつけて、どんぴしゃの溝に
JBウェルド詰めて、パッキンに押し付けてそのまま硬化させます。
パッキンに接着されないように、シリコン吹いておきます。
硬化しましたら、余分な箇所を切り取って完成。
これで、どんぴしゃの溝がパッキンのRにそって、R型になりました。
さて、どうなるかな?

そんで、以前お話しましたように、私は25発(装填は28発)しか撃てない
マガジンを遣っているのですが、なんかチャンバーブロックを作って
チャンバーを固定してから、最初の7発くらいまともに給弾されなくなりましたww
ですので、実質17発位を三つ持ってやってましたwww厳しいー!
そんで下の図。

のずる2.jpg

ノズルは、でんでんむしで、Oリングが入っているのですが
そのせいで、シリンダーヘッド先端とノズル内径の隙間でグラグラするみたい
マガジンからの弾で押されてノズルが上に押されているのですね。
少し撃ってマガジンのバネのテンションが弱くなってくると、まともに給弾されるようです。
今まではチャンバーも同時にずれていたから、給弾されていたようですが
チャンバーを固定したので、ノズルが上にずれると給弾に支障が出始めたようですね。
そんで、次の図

のずる1.jpg

シリンダーヘッドの先端の下側を広げました、適当にグリグリやりましたwww
これでOリングとシリンダーヘッドの先端の2点で支えますので、下から押されても
あんまり動かなくなりましたょ「ばんざーい」\(^o^)/

給弾不良は最初の2発くらいになりましたwwww

初のガスブロ!

某日、天狗山
フリマってステキww
ついにサイドアームを手に入れてしまった!
マルゼンのGBB、P99。な、なんと驚きの2800円

南部14年を何時かは手に入れたいと思ってましたが、
この安さの魅力に負けましたwww

CA3KZHZD.jpg

撃っていて、なかなか楽しいですぞ!

フィールドは手前から見て左側の山に、新たな櫓が設置されました。
攻め易くは成ったかもしれませんが、
私の様に人工物が増えると隠れる場所が減ると言うマニアには、
どのように影響するかは未知数な感じですww

「新たな櫓に向けて射線が通るかどうか」って所ですかね?
また、射線探しの旅が始まるww

スコープの見易さにビビル!

休日、天狗山
スコープすげぇ!めっちゃ中るがな
何故中るかと言いますと、明るい!良く見える!
そのおかげで弾道を追い易くなりました。
するとですね、距離を把握し易くなったのですよ。

私のように遠射ですと、中々フラット弾道で相手まで届かす事が難しいのですね。
どうしても、S字弾道のセッティングになってしまいます。
すると相手との距離に応じて狙いを上下に変えなければ中らないのです。
これが難しい!
的撃ちですと、距離が解っているので、何処で狙えば中るのか解るのですが
ゲームですと勘になります。
弾道を追えますと、相手を狙う前にバリゲ等適当な物に撃ち込んで、標準の何処で中ったかで距離を図ることが出来ます。
そこから、相手までの距離を予想して相手を狙う事が出来るので、距離を合わせる事が今までより、容易になりました。

おかげで戦果は、確認できただけで10人ぐらいは倒せたのではないだろうか?
私的に、大戦果ですwww

銃の調子は前回より今一だったみたいで、しばらく右に反れて、撃ってるうちに真ん中に寄って来て、またしばらくシテ左に寄ったりして、今一安定しませんでした、
チャンバーがメカボに入るところのクリアランス調整など、チャンバーの位置が動かないように加工していたものが、使っているうちにまた緩んできたのでは無いだろうか?
やっぱり、チャンバーが固定されていないと言う設計は、厳しいと思い、
作って見ました、チャンバーブロックwww

ブルーミックスと言う、粘土状の物で、硬化剤と混ぜ合わせると1時間程度で固まる
素材を使ってみました。
やり方は簡単でス。
チャンバーにペタペタと貼り付けて盛っていき、跡は普通に組み上げます。
粘土状なので押しつぶして無理やり組み上げます。
あとは、乾くのを待ってホップ調整周りや、余分な箇所をカッターなどで取り除くだけです。
これで、がっちりと固定されたはず。

安定すればよいな~!

初スコープ!

某日、天狗山
スコープって良いね!
見える、見えるぞ!

天狗山、春から通って夏をへて、冬になってきました。
やばい、見通しが良くなって索敵が楽、遠射がはかどります。ww
銃の調子も、まずまずで、それに伴い戦績も少しアップ。

そんな事は別によいのです。www

VSR使いの方に、スコープを覗かせていただいたのですが、メッチャ明るい!
超見える!見えてはいけないものまで見える?

う~ん、ブースターで頑張ってきたけど・・・・・

んで、買いましたwww

スコープ.jpg

スコープでかッ!www
なんじゃこりゃWWW
なんか、想像してたのと違うwww
だが、そこが良い!

それでですね、なんとなくヤフオクみてたら、SRCとか言うメーカーさんの
アッパーが出てまして、MP5使いの私からしてみると、夢のアッパー、フロント、一体型。

SRC.jpg

思わずポチってしまった。
これを、なんとか取り付けたい。
新たな沼の始まり!
とりあえず、チャンバーブロック、とアウター外して見てみようと思ったら、
外れないwww
叩いても、炙っても、なだめすかしても、外れない・・・・・どうしよう・・・・

ピンにドリルつっこむか!

ハンドガン買えなくなってしまったwww

リアルカウント!(小弾数)

某日、天狗山
これが、リアカンの楽しみか!
いや、実際リアカンになってるかは知らないのですがww
今回は、スナイプは置いといて、印象に残ったゲームの話。

私は今諸事情により多段マグをやめてクルツのショートマグ使ってます。
1マグ25発程度、三つ持ち込んで戦ってます。
フルで撃つと即効で弾切れします。そんな戦い。

私的に最終ゲーム(フィールド最終から3ゲーム前くらい)
奥スタート。
本日の同士たちは、ダッシュが凄い!
私は疲れたのもあってゆっくり目に行きました。
相手も疲れたのか、出足が鈍いです。

そこに付け込んでか、真ん中CQBエリアにダッシュ同士が
凄い勢いで突っ込んでいきましたww

「ありゃー!此れはすげー!」
と後ろでのんきにしていると、同じくゆっくりスタートの同士が、左山の大外に上っていく相手を発見!
同士「あー!三人大外行きましたねー」

私「え?ホンとですか!では私も大外へ」

と櫓を挟んで相手と反対の山の大外へ。
しばらく、索的、「いた!」大外ゆっくり廻っている。距離にして45~50
「うーん、セミで仕留めたい。けど、まだセミで確実に仕留められるほど
銃も仕上がってない。3人いるし、最初の攻撃でブッシュ抜かないときついなあ・・・」
「仕方ないフル使うか」
1連射2連射スパパ、スパパ「抜けろ!ぬけろおおお!」
相手「ヒット!」
私「良し!次!」スポポ
私「グハー!弾切れ。警戒された、動けない!」
ゆっくりと10センチ動き、ブッシュの影に入る。
「スパパパパ」周りで着弾音。

私「ばれたか?いやこれは探り撃ちっぽい、動くな!うごくな~」
ブッシュ越しに、相手が更に進軍してくるのが見えました。
私「このまま来れば私の前まで来る。あと・・・2人・・」
また、しばらく森と同化ww

視界から相手が消えた隙にマグチェンジ

「来た!引き付けて・・・25メートル、20メートル・・まだよ、まだまだ」

相手が同士を見つけたのか発砲「スパパ」
「今だ!」相手の発砲音に紛れ込ませて、ブッシュ越しだが同時に発砲
「抜けろ!ぬけおおおお!」2回目wwww
相手「ヒット!」
私「良し、次!此処で仕留めなければヤラレル」
スポポ
「グハー!また弾切れ。此処までか」
相手、スパパパ
私、「おお!奇跡!ブッシュが守ってくれた。逃げろー!」

と後退し木の影に隠れる。
「最後のマガジンだ。だが相手もあと一人、チャンスは一回あっても2回」
「外したら、終わる!・・・楽しいwww」

とここでダッシュ同士がフラグゲット!

とまあこんな感じのゲームでした。
「外したら、終わる」の緊張感は癖になりそうです。ww

おお!サバゲレポになってるでwww

射線探しの旅!

平日、某天狗山
射線探しの旅。
アウトレンジ攻撃はロマン
遠射で戦ってると、ドンドン相手との距離が離れていきますww
1J規制の中、相手より1メートルでも遠くから、攻撃したいのです。

「届くかな?中るかな?」って距離で試しに撃ってみると、
スコープごしにみて反応しているのが解ります。
私は「おお!届きおったで。中っては・・・いないか?」
ってなると、「届くなら、中てられるはず。このフィールドは風も無い」
って感じで、ドンドン離れていくのですね。
そうすると、意外と射線が無い。
40メートル位なら、あっちこっち有るのですが、50~60オーバーになると
一気に限られてきてしまう。

ここ何回か、探してあっちこっちうろうろしたのですが、新たに見つけられた箇所は一つだけでした。
葉っぱも少なくなり、夏よりは見通しも良くなってきたせいもあって、
相手が見えて、狙えるのだが射線が通らない。
撃っても「枝先輩、葉っぱ先輩つえっす!」
とはじかれたり、触れて、それたりしてしまう。
超ヒョロ弾だしね。
しかし、「見えてるのに、狙えるのに、グヌヌ」
もったいない。

なかなか、難易度高イッス。
アウトレンジ攻撃しながらフラグゲットまでは
先は、長そうだな~。

銃の調子は、よく解らない感じでした。
この日は天気が曇っていて弾道が見えませんでした。
なんとなく、中るのだけど弾道が見えないとどう言うホップの掛かり方をしているのか、今一よく解らないので、此の辺のことは次回に持ち越し。

地獄のMP5!ww

某日、某天狗山
行ってから、ずいぶん間開いてのレポ
確か、平日、日曜日の2回行った

良く覚えていないので、レポではなく、覚えている事だけ日記で
段数50発の戦い。
なかなか、本調子にならない銃、弾道、初速共に暴れる。
原因の一つはマガジンでした。
私の、ICSのMP5はチャンバーが固定されていませんww
メカボとマガジンと、バレル側からバネで押し付けて、位置が決まっています。
私の使っていた、マガジンは某ショップのジャンクコーナーで拾ってきた多段マグを
切って、多弾ショートマグにしていました。
しかも何か、入らなかったので適当に鑢で削って入れてましたww
ですので、チャンバーの位置が安定せずに、チャンバーが暴れていたようです。

ホップやパッキン弄ったて安定するわけないですね(^_^;)
ICSの多弾も良くは成ったのですが、今一でした。

「伏せ打ちするのでショートが良いなぁ・・けど多弾をショート化するのはもう面倒くさいので遣りたくない」
「そうだ!クルツのショートマグにしよう」
ってことで装弾数28、実発射数25位を、二つ持って戦ってきました。
フルで撃つと一瞬で無くなりますww
元々、フルは殆ど使わないので、行けるだろう。

?????MP5ってサブマシンガンだよね?

戦跡は、うんまあこんなもんかな?って感じでした。
そんなことより!
何か弾道が、本調子で無いような・・・こんなんだっけなぁ・・・・

っとその週の日曜日、満員御礼の天狗山、初の100人超え!初の入場制限!
おめでとう。

広いので100人くらいいてもぜんぜん平気でしたよ。
ええ、平気でしたとも・・・・・

1ゲームも参加できずに、昼飯食べて帰ってきましたwwwwばんざーい。
朝一で初速測定したのですが、65・・・・・・???もう一回・・・・70・・・
「ほう・・そうきたか・・・やるな相棒」

その場で全バラwww(メカボ以外)

私の参式滑空銃身 ホップ窓削りすぎてプラ版でなんとか補修して使っていたのですが、そのプラ板が剥がれてきて、ほんのちょっとずれていました。
「やはり、無理があったか・・・純正バレル落ちてないかな?」
落ちているわけ無いww

アングスさんが出店しているフィールドなので、バレルその場で買いました。
6.01のルーズ系。5000円なり~(ToT)/~~~
そんで、組み込んで試射。
初速65・・・・こ、これは? しかも音が何か変。
何かタペットプレートが前進しきってないような、給弾がスムーズでないような・・・
さすがに、もうフィールドでバラす気にもなれず。
諦めました。
「くそう、皆たのしそうだな・・・バレルと弾だけ持って、ふ、吹き矢で(゜o。)丿」
私の中の何かが止めてくれましたwww

帰って原因を探り直して、色々修正して、良くなりました。
その辺は、記録がてら別日記で箇条書きしようと思います。
とりあえず、火曜日出撃予定。
こ、今度こそ。がおー!

今考えると、吹き矢ネタ的においしかったかもww

天狗山とみんなの森、週2回サバゲー!

先週、平日、天狗山
土曜日、みんなの森
の2回いってきました。

間が空いてしまって細かい事は忘れましたが、
覚えている事だけ走り書き。

別日記(俺の屍は別に乗り越えない!)で書いたように、銃を色々弄くってたわけですが、それから更に弄くって、変な銃が出来ました。ww
どんな風に変なのかと言いますと、40~50メートルで2発に一発、若しくは3発に一発、ダットセンターに綺麗に吸い込まれていくのですが、
他の時がまるで明後日の方へ飛んでいってしまいます(笑)

だが、そこが良い!
的撃ちなら、まるで使えない銃ですが、サバゲーですとどうせ外れるなら下手に至近弾で外れるより、まるで見当違いのほうへ飛んで行ってくれた方が、逃げられないのですよね。
おかげで、久しぶりに7~8人狙ってヒット取れました。(^^)/
中てれたはずなのに、外して逃げられたのも有りました。
「いたいた、フヒヒ」ってついあわてて撃っちゃうんですよね。
そんなときこそ、一呼吸置いて撃つようにしたいものです。
「ありゃぁ、腕が悪いね腕が」ww
それが、出来るようになれば遠射で10人くらいは、倒せるようになる気がします。
私的には、大戦果ですwww

そうそう、ちょっとしたフィールドレビューではないですが、
ただでさえニッチな趣味なのに、更にニッチな路線を行く(笑)
私のように遠射好きな人は、天狗山は良いです。
遠射やる方は解ると思うのですが、遠射で最大の敵は「風」ですよね。
天狗山は地形の関係上、風の影響を殆ど受けません。
自分の銃の本当の弾道が解って、面白いです
私も、このフィールドで遊ぶまでは、多少弾が散っても、風だと思っていたのですが、銃の性能でした(笑)
そこからが、沼!THE NUMA!

そして、その週末。
久しぶりに、みんなの森さんに行って来ました。(^^)/
ブッシュが枯れる前に行けてよかった。
ここで、一番覚えているのは、どうやら天狗山にニーパッドを忘れたらしく
ニーパッド無し!
膝を付くと、「ゴリィィ」って痛いです。
目覚めそうになった事でした(笑)

この日は、攻めないで防衛に徹しました。
濃いブッシュでも、探せば射線の通る箇所がありますので、
その隙間を付いて遠射をやるのは面白いです。
銃の調子も前回の天狗山に続いて、2,3発に一発は良いwwので
私的にそこそこ倒せました(4~5人位)

ここはオーナーさんの作るバリゲの配置が絶妙で、バリゲに付いても何処からか
射線が通る危ない配置にしてあるので、心が休まりません(笑)

特にブッシュの濃い季節ですと、見渡す事が出来ないので
何時ブッシュの中から撃たれるか、仲間の動きや、ヒット者が何処で遣られたとか、銃声の方向距離、いろいろ気にしなければ成らないので、自陣フラッグの近辺で寝転がっていても、なにげに脳内は大忙しです(笑)

ひょっとすると、仲間と共に橋の有るラインまで(大抵此の辺が前線)
行ってしまった方が、休めるかも(笑)

天狗山サバゲーレポ MP5の試射!

某日、天狗山
久しぶりの、土曜日参戦
人数多いかな?と思ったのですが、行ってみると平日並みでした。
平日と違って、仕事の事を気にしなくて良いのが良かった。

さて、長掛けのシーソー現象解消パーツの組み込み、試射してきました。
私は、とんでもない銃を仕上げてしまったのかもしれない・・・ガクブル(((゜.゜)))
40メートルの空き缶に、中る、中る、また、中る
50メートルの一斗間に中る、中る、又中る
たまに外れるw

と、まあ朝の時点では良かった、しかし使っているうちに、何か???が出てきました。
朝と、ゼロインがずれてる・・しかも何発かずつ、ずれる
「駄目かー!もうわかんねーよ。けど一発づつ交互にホップの掛が変わる現象は無くなったな。スポンジの形成がいい加減すぎて、動きがスムーズじゃないのかな?バラスのめんどくせー!」

そう思い帰って来ました。
そして清掃しようと思い、サイトを取ろうとしたら・・・・サイト固定のネジが緩んでたw
「これか?これが原因か?」
解らん!もう一度試射しないと解らない結果になってしまった。
けど、朝の段階ではかなりの命中率でしたので、方向性はやはり合ってると思います。と希望的観測。
レンジで使う弾より、ゲームで使う弾の方が多くなる日も近い・・・と思いたい(笑)

ってまた、サバゲレポではなくなってしまった。

戦果はですね・・・・2人ぐらいしか倒してないw。
人に当てるってムズカシイネ\(^o^)/

記憶に残るゲームとしては、あの広大なフィールドで開始20秒くらいでやられました。
なかなか、難しいと思いますよw
相手は必ず川から来る。なので川警戒のスナイプポイントへダッシュ。
ポイントまで数メートルのところで這って進もうと這いつくばった時、遣られました。
四つんばいになって、超かっこ悪い体制で遣られました。(ハズカチー)
そして、私の後ろから付いて来てくれていた同志たちは、
私が遣られたのを見て、ルート変更!
結果なんと相手を殲滅しフラッグゲット。

う~むまさに「俺の屍を乗り越えていけ!」w