皆いろいろやればいい。

エアガンは色々なカスタムで特性が変わります。
それぞれ楽しみが有るので、いろいろやると楽しみの幅が広がりますよ。

 

ではないww

たとえば、強ホップでとにかく遠くへ飛ばすようにして。50メートルでしか当たらない鉄砲使って
相手の位置と自分の位置を10センチ単位で調節するように動いて、やっとこさ倒すのも超難易度高いので達成感は半端無いし
とにかく命中精度を上げてピンポイントで狙える鉄砲で、どこまで隙間通して倒せるか挑戦するのも面白い。
セミオートのキレを良くして、「タタタタタ」って連射すると、戦ってる感がてんこ盛りでテンション上がるよね。(セミ戦ではバンプファイアに成らない様に注意)
あげく、10メートルしか飛ばないし一発ずつ全然違うところに飛んでいく鉄砲だって、確実に当てれるところまで、
ばれずに近ずく戦い方を模索する楽しみが有るのよね。(これやるとめっちゃ倒すの上手くなりますよ)

以前からちょくちょく言ってるのですが、サバゲーは遊びですから、上手い下手は楽しめるか楽しめないかです。
倒す人数多くたって自分が飽きてしまえば、それはやっぱり下手なのよ。
(サバゲー下手でも何の問題も無いし、人として劣っている事は何一つ有りません。上手けりゃ偉い下手なら駄目、何てことは一切無いですよ)

完全に自己満足の遊びです。周りや流行は関係ない。発想しだいで無限に楽しみが広がる遊びですから、
まずは色々試してみると良いですよ~。

バレルと弾だけ持って、吹き矢プレイとかww

今すぐそのカスタムスプリングを捨ててマルイ純正に戻すのです!

バトンレンジが出来て、無風で50メートルまで撃てる環境になってから、
発見の連続です。

さて「実はそんなに高初速にしても意味が無かった」というのもここのレンジのおかげで
発見できました。
「どういうこと?高初速のが良く飛んで良いんじゃないの?」
と思われるでしょうが、「有効射程を延ばす」と言う目的では違いましたよ。

その説明をする前に、エアガンにおける有効射程と最大射程の違いから説明しますね。

次の図を見てみましょう

一目瞭然ですね。
上が最大射程で、下が有効射程です。

サバゲーは遊びですから、あえて上のような弾道にしてとにかく遠くの敵に当てて楽しむと言うのも、ありありなのですが、
今回は下の図の、サバゲーでヒット取り易い弾道、有効射程を延ばすための初速についての話になります。

図のとおり有効射程とは弾がまっすぐ飛ぶ範囲のことですね。
この範囲を広げることが有効射程を延ばすと言うことになります。

「だとしても、やっぱり初速高いほうが伸びるんじゃないの?」と思いますよね。
私もそう思っていました、そう、この時までは・・・

某パッキン屋さんのツイートで見たのですが、まったく同じ条件で初速だけを5だか10だか大幅に変えて
どれだけ飛距離に差が出るか試したそうです。結果なんと2メートルも変わらなかったそうです。
私も試した事こそ無かったですが、そんな気はしてましたから納得できましたよ。
結局飛ばすのはホップ回転による浮力が大部分になっているのですよね。

んで同じホップ回転なら弾速早いのと遅いのどちらが浮くかといいますと、
早いほうですね。
これはピンポン玉を立て回転かけて勢いよく投げたときと、回転だけ強くかけてスピードはそんなに速く投げなかったときの
玉の起動を思い浮かべれば解りやすいと思います。
勢いよく投げたときはブワッ!と浮いて遠くまで飛んで、速く投げなかったときは
飛ばなくてスッと落ちます。

BB弾も同じなんですね。

イメージ的にこんな感じです。

一枚目が高初速で二枚目が低初速ですね。
個人的に一枚目の方がむかつく顔していますww
二枚目の方が好感が持てますねww

んで有効射程に話を戻しますと、有効射程はまっすぐ飛ぶ範囲の事。

ブワッっと浮いた時点で有効射程外に成ってしまいます。
実際浮いていく弾は凄く当てずらいです。

浮きを押さえるのに重い弾を使う方法も有るのですが、サバゲーで使う事を前提ですと
大抵のフィールドは0.25までではないでしょうか。

と言う事で、0.25で実際どの位の弾速が一番浮かないで有効射程を延ばせるのか
15メートルから40メートルの範囲で直径10センチの的を4倍スコープで見ながら撃って
スコープの縦メモリ一つ以内で当てられる範囲を探ってみたところ、
なんと75から76程度の初速が一番伸びました。

75程度の初速ですと15~40までは修正幅メモリ一つ分以内であたりましたが、
78位まで上げて同じホップ調整ですと40メートルで浮いてしまって修正幅メモリ一つ分以内に入りませんでした。
ではホップを少し弱めてみたらどうだろうと思いためしたら、いくら微妙に調整しても
今度は40手前で落ちてしまい、やはりメモリ一つ分の修正幅では当たりませんでした。
メモリ二つ分の修正幅でしたね。

まとめますと、弾の伸びは弾速よりも弾の回転による浮力が大事。
0.25の重さの弾ですと75~76程度の初速が一番有効射程は伸びる。
それ以上初速が有っても最大射程は延びるが有効射程は逆に縮む

なんで~、そんなにやっきになって初速上げる必要なんて無いんじゃないか!
と言う結論でしたね。

もちろん最初に言ったように、あえて「有効射程を犠牲にして最大射程で当てたい」と言うなら
高い初速の方が良いです。かったいスプリング入れてビュンビュン飛ばしましょう。

そうでなく、「サバゲーでヒット取りやすくしたいんじゃ」と言う方
いますぐそのカスタムスプリングを捨てて、マルイ純正に戻すのですww

ちなみに、最大射程の他にどのような場合に高初速が良いのかと言いますと、
ブッシュ抜きたい時。
UABみたいにホップあんまり関係ない位の近距離で正面から打ち合う時は有利に働くと思いますよ。

高初速=悪と言っているのではないですよ~。

また、この検証の結果はピストンの重さ等で若干変わるかもしれません。
興味があったら自分の鉄砲の有効射程が一番延びる初速を探ってみるのも
面白いと思います。

愛も深まりますよww

 

可変ホップは実質固定ホップなり~

タイトルからして「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが、
ご安心くださいそれが普通ですww
しかし待ってください、決して頭がバグっているのではないのです。
いや元々バグってはいるのですが、今回は違うんです。ちゃんと理由があるんです。

こ、これを見て欲しい

わ、解りますかね?
これは、ホップを弱くかけているときの断面図です。
弾とホップ突起の間に隙間がありますね

では、ホップを強くかけてみましょう。

ホップの突起が下りてきて、その分突起のRがノズル側へ近くなり
弾との隙間がなくなってきます。

集弾性を求めるに中って弾の保持位置は重要です。
毎回装填のたびに同じ位置で保持されなければなりません。

そして、この保持位置はホップの突起に押されすぎても良くないようで、
ベストな位置が有るようです。

ここまで、書けばタイトルの意味ももうお解かりかと思うのですが、
そうです。可変ホップと言っても実際ベストなホップの位置はただ一点なんですね。

そのベストな位置を探してみるのも、結構おもしろいとおもいますよ~

そして、さらにこの話は最近気が付いた事があって、奥の深い物でした。
はたして、「その気が付いた事」とは!

後半へつづく

パララックスについて。やはりM4なのだろうか?

今回はパララックスについてです。
皆さんご存知ですか?パララックス。
簡単に説明しますね。

こう言うことです。
銃口はサイトより下のあるわけですから、多かれ少なかれサイトの軸よりも上方向に向けて撃っているわけですね。
その角度はゼロイン距離が近ければ大きくなりますし、遠ければ小さくなります。
こんな感じです。イメージできますでしょうか?

そして、ここでパララックスなんですが、パララックスの違いでも撃ち出す角度が変わります。

サイト1の方がパララックス大きくて、サイト2の方がパララックス小さいのが解りますかね?
図のようにハイマウントのほうが大きくなるわけです。

サバゲーで考えて見ましょう。
的1と的2までの距離が15メートルとします。
サイト1もサイト2も15メートルでゼロインすれば15メートルは当たりますね。
その後弾はどう飛ぶかといいますと。まっすぐ飛ぶとしたらサイト1の方が上へ向けて撃っていますので
急角度で上へ飛んでいきます。
ホップ調整で出来るだけフラットに飛ぶように調整しても、パララックスが大きいサイト1の方が
20メートル先、30メートル先ではサイト2より上へずれて着弾するわけです。

では出来るだけ、マウントを低くしてパララックスを小さくしたほうが良いのでは?
と思うでしょうが、確かに低くすればするほどパララックスは小さくなりよいのですが、
頬付け出来なくなって狙いにくくなったりしますので、自分に有ったバランスが大事です。

フィールドにもよるのですが、サバゲーで使いやすいホップ調整と、ゼロイン距離は10~30メートルを修正しないで狙える調整だと思います。
外フィールドなら大抵これくらいです。

室内とかの交戦距離が極端に短いフィールドは、よっぽど極端なハイマウントにでもしない限り
パララックスはあまり気にしなくて大丈夫です。ホップ調整も弾ポロしないくらいで通用してしまうので
シビアにならなくて大丈夫だと思います。
ノンホップでもゼロイン距離3~5メートルで15メートルくらいは、修正無しで狙えると思いますよ。

問題は広いフィールドのときですよね。
私が良く行く天狗山では、欲を出せば10メートルから40メートル位修正無しで欲しくなります。
これは、かなり難しいとおもいます。
実際は15メートルから35メートル位まで、修正無しで当たれば上出来ではないでしょうか。

こう言うギリギリの調整を求め始めると、パララックスの問題が無視できなくなり、
やっぱり、M4みたいに銃口の直ぐ上にレイル付いているタイプが良いのかな~?
と悩み始めて、剥げそうです。
だから、だれか次世代M4ちょうだい。

 

クイックピークでチラッ、チラッ!www

仕事でサバゲーにいけないので、以前から思っていた疑問を投下。
それは、「クイックピーク」
いわいる、チラ見の事だと思うのですが、動画などで見たり、フィールドでもやっている方を見るようになりました。
あの動き。チラッ、チラッ。

最初に言いますと、私はクイックピークをやっている方や、動画を上げている方を
デイスるつもりはありません。
ただ、ただ疑問なのです。

クイックピークの何が疑問なのかといいますと、あの動きが有効な場面がまったく
思い浮かばないのです。
自分でも試してみたり、色々考えたりしたのですが、
あの動きが必要な場合って、銃を構えるスペースが無く、かつ先の状況を把握しなければならない。しかもあの一瞬で把握できるくらいの、極極限られたスペースの
話。
サバゲーでそんな状況って、まず無いと思うのです。
これが、実際の戦闘状況でしたら、状況次第では非常に有効な気はします。

バリゲ、近接戦闘でのチラ見は、もちろん有効です。
しかし、私が言いたいのは、「何故銃を構えてやらないのか?」
銃も構えず、頭だけ出して、チラ、チラ・・・「私は此処に居るよ、私は此処に居るよ」
ってアピールしているようにしか思えないんですよね。
もしくは、相手をオチョクル感じですかね。

せっかく索敵するのだから、居たら撃とうよ。
中らなくても、けん制になって上手くいけば、相手の方は頭引っ込めるかもしれないじゃないですか。

同じチラ見なら、銃を構えて直ぐ攻撃できるようにして、やった方が良いと思うのですよね。実際私はそうしてます。(別に強くないです。直ぐやられます。)
ずっと動きっぱなしで、ずっと銃を構えている事になるので、
バリゲ、近接戦闘は私の場合は以上に疲れます。
体力と腕力を鍛えた方が有効に思えるのです。

と文句のようにも取れる文章でしたが、
暇つぶしで書いてみました。

正直どうでも良い話で、皆好きに動くのが一番良いと思っています。
ですので、異論は大歓迎です。
どうでも良い話ですので、反論は無しでおなしゃーっす!
無視もありです。(笑)

魂の叫びww

私はS字弾道が好きだー!
あの、45メートル位から、すっと一伸びする弾道がすきだー!
伏せ撃ちすると、地面に中る融通の利かなさがすきだー!
遠距離でバリゲードの上からちょっと出てる頭を狙うと、手前のバリケードに中る
クソッタレな所がすきだー!

けど、あまりにも狙いずらくてちょっと、ホップ弱くしてしまう。そんな時。
「アー中てやすい」「狙い方が変わるだけで射程もそんなに変わらん」
「ヒットとれるな~!」
しかし何でしょう?50メートルごときで若干上を狙わなければ成らない
あの屈辱感。
あの放物線への嫌悪感は!
「ビッと飛ばんかーい!」

シム調整もしなおして、モーターもジャンク300円モーターからEG-1000に変えたよ!
「おお!快調快調」

雨か・・・・・

ハイカーストップの話

ハイカーストップの話
3話で書いた某フィールドには、ハイカーストップと言うものが有ります。
「ハイカーストップ」とは。
フィールド内にハイキングや山菜取りで入ってくる人が居るらしいのですね。
そんな時ゲーム中に見かけたら大きな声で「ハイカーストップ」と声を掛け
ゲームを中断すると言うものです。

最初説明を受けたときは「ほうほう、なるほど」程度に思っていたのですが。
よく考えるとこれは、かなり注意しなければならないことだと思いました。

毎年、猟銃での誤射があります。
もし、フィールド内とはいえ一般人に弾を当ててしまい、
怪我なんてさせてしまったときには。
きっと、「すみません」ではすまない気がします。
フィールド閉鎖もありえるのではないでしょうか?

フィールドスタッフだけでは、完全に事故を防ぐことは難しい気がします。
ハイカーストップのあるフィールドでは、「マーカーを確認してからの発砲」これを
徹底し、サバゲーマーの方々には老若男女問わず細心の注意をし、周囲のゲーマーにも注意喚起することが、大事だと思いました。

3話に書いたフィールドの方々は、周辺住民の理解を得るのに並々ならぬ苦労を
し、やっとの思いで周辺住民の信頼を得たそうです。

サバげーは迷彩服を着て(着ていない人も居ますが)銃を持っています。
傍から見ると異常です。
個人的には、決して世間からの賞賛や名誉を求めるものではなく、
また求めてよい物ではないと思っています。
日陰者のように、影でコソコソと楽しむくらいがちょうど良いと考えています。

何故このようなことを書いたかと言いますと、その事を胸に刻んで遊ばなければ
業界が盛り上がれば盛り上がるほど事故がおき、
一気に業界の衰退に繋がるのではないかと思ったからです。

フィールド運営を一過性の金儲けと考えているところは、メディアで宣伝をし
いかにもトレンドな物ととして扱うでしょう。
そのほうが儲けられます。
私も商売人です。そのことに、まったく否定はしません。
むしろ私がゲーマーではない運営ならばそうします。

ただ、ゲーマーとして言うならば、同じゲーマーとして上記のことに
賛同してくださる方が居るならば、
上記のことを胸に刻み、企業の儲け主義に踊らされることなく遊んでいただきたい
と思いました。
それが、業界を守ること、長く遊べることに繋がるのではないかと。

しかし異論は認める。

赤外線銃の話

赤外線銃と言うのが出てきていますね。
その魅力は、なんと言ってもその射程ではないでしょうか?
200メートルくらいあるそうですよ。

でも何でしょう。今一「これだ」って気になれないのは。
いや~理由は解っているんですけどね。
私が年を取ったから・・・?時代の流れについていけない?
違うと思うのですよ。

理由はきっと「弾が出ない」だと思うのですよね。
弾道は曲がる、それもぐにゃぐにゃと。
それを駆使して、目的の場所へ送り届けることにロマンを感じるのですよね。

赤外線は標準機に合わせて引き金を引けば、必ず中るってことなのでしょう。
最初は射程も長いし、面白いかもしれないけど、なんかすぐ飽きそう。
その辺はテレビゲームに近いかもしれませんね。
FPS好きな人には良いかもしれませんね。
レーザー兵器もそんな感じになってくるのでしょうね。

フィールド側としては、赤外線銃は良いでしょうね。
なにせ、安全ですから。
ただ200メートルも射程の取れるフィールドは
殆どないでしょうね。

BB弾で遊べるフィールドは無くなるのかな?
だったら、悲しいなぁ・・・
フィールド側には、上手く住み分けてくれたら嬉しいですね。