ノズル長・・・お前ー!

さて、前回ノーマルとチャンバースペーサーを付けた物の集弾性を比較しました。
チャンバースペーサーは抜群の効果が出たのですが、それでも荒れるラウンドが散見されまして、
その原因は「ノズル長不足による物では無いだろうか」と仮説をたてて色々やってみたので
順に紹介していきます。

最初はでんでんむしを装着してみました。
しかし、AK用のでんでんむしは圧倒的にノズル長が足りていないです。
ちょっと話は逸れますが、電動ガンのノズルはパッキンの入り口にグッと押し付けて気密を取っているようです。
VSRみたいに中に入り込むのでは無いのですね。VSRとの違いはここが大きく違います。
でんでんむしはノズル自体はノーマルより長いのですが、先端のテーパー角が適正でなくパッキン入り口で止ってしまい
弾を押し込めていませんでした。でノズル自体は長いものですからタペットプレートが前進し切れていませんでした。
これでは、せっかくのあの先端の特殊な形状も無意味です。
なにせノーマルと同じでバレル内で弾が遊んでいるのですから。
むしろ、タペットが前進しきらない分、何かしらの悪影響が出るかもしれません。
実際ちゃんと無風レンジでデータ取りますと、集弾性は良くは成ってませんでした。
今までずっと「良い」と思い込んで使っていたパーツだけに、ちょっとガッカリショックで写真撮るの忘れました。
自分でノズルの先端のテーパー角を削って調整出来れば良いのですが、ちょっと私には無理そうですので
でんでんむしは、諦めます。

んで、無いなら作るの精神で3Dプリンターで作りました

何十回と失敗して、シリンダーヘッドとのクリアランス、チャンバー内径とのクリアランスをとことん追い込んで、
ガタつきを極限まで無くし、先端のテーパー角を緩くしてタペットが前進仕切った状態で、
弾をホップの突起までしっかりと送り込めるように作ったもので、
100分の1ミリ単位で寸法追い込んだので、物凄く大変でしたよ。
でんでんむしに限らず、世に出ているカスタムパーツのほとんどの寸法がガバガバなのは
おそらく、この現物合わせの追い込みをやっていないからなのでしょうね。
たしかに、趣味でなく仕事だったらこんな事やってたら商売にならんでしょうね。
自分でやってみると、「まあ、しょうがないんだろうなぁ」って優しい気持ちに成れましたww
マルイはやってると思います。だから優秀なのでしょうね。

話を戻します。んで気に成る結果です。驚愕せよ!

・・・・・・良く成った・・・のか?

あれ?あれあれ?なんかノーマルノズルとたいして変わらなくね?
すくなくともVSRの時に感じた衝撃は無いww
フルノーマルのときよりは良くなっているけど、これ、ノズルの効果では無くチャンバースペーサーのおかげだよね?

もう一度ノズルはノーマルでチャンバースペーサーだけ組み込んだ物の結果見てみよう。

 

う~んどういう事だってばよ?

1ラウンド毎に見れば両方良いラウンド有るし、特に自作ノズルが悪いと言う感じでもないのだけど、
問題は「荒れるラウンドがある」って事で、その原因がノズル長不足と思って、
膨大な量のトライ&エラー繰り返し、散々苦労して作り上げたノズルがまさか効果ないとは・・
ガビーンですよガビーンww

巷で言われている「ノーマルのノズル長不足だと躓きホップで荒れる」と言う訳ではなくて
これ実は荒れる原因は「ノズル長不足による躓きホップでは無い、
根本的な問題(まだ秘密)をチャンバースペーサーで解決すれば変わらなくてあまり関係ない」という結果になってしまった。
いや、私自身不本意ですよ本当に。
ノーマルの、ノズル長不足なだけでなくシリンダーヘッドとのクリアランスも
チャンバーとのクリアランスもガバガバで、あんなカタカタ動くのに何で変わらんの?
理屈に合わん!
しかし、データは嘘言わない。
これが、現実よ!

次はこの結果を踏まえて、私なりに考えた「何故変わらないか」の仮設を書いてみようと思います。
そして、未だに荒れるラウンドが出る事の解決方法は見つかっていないです。
もう、心が折れそうww

 

 

 

電動ガンの命中精度が安定しない、最大の理由の解決に成功!

VSRの自作パーツで良い結果が出た理屈の応用で、電動AKもVSR並みにしてしまおう
と思っていろいろやってました。

まずVSRと電動ガンでは精度を安定させるために必要な事がまったく違いました。
巷で言われているノズル長不足、2点押し、等は全て違いましたね。
これらは効果は有るのかもしれませんが、根本的な問題が解決してないとどれも同じように散ります。

その根本的問題を解決したパーツを作り、「チャンバースペーサー」と名をつけました。
これを近じか販売します。
気に成るその原因は、チャンバースペーサーを販売してから発表しますね。

今回は手前味噌に成ってしまいますが、どれだけ効果が有ったのか
その記録の発表をしていきます。

記録は、無風、30メートル、0.25マルイバイオ無選別、マルイAKハイサイクル、1ラウンド10発で5ラウンド。
まずはノーマル、バレルの固定はやってあります。

ノーマルですとこんな感じです。
すみません。ノーマルは3ラウンドしか撮って無かったです。
黄色い円が10センチ位です。
バラけて見えますが良い方なんですよ。
流石はマルイです。
特筆すべきは何ラウンド撃ってもこんな感じで、「特に荒れるラウンドが無い」と言う所ですね。
抜群の安定性です。

んで次からがノーマルにチャンバースペーサーだけを組んだ記録です。

どうでしょう?効果抜群じゃ無いですかね?
気に成るのが4ラウンド目が荒れていますね。
この後も何ラウンドか撃っているのですが
ちょこちょこ、4ラウンド目みたいな荒れたラウンドが出ます。
しかし、最初に述べましたように、このチャンバースペーサーを入れないと
おそらく何をやっても大差ないと思います。

荒れたラウンドの原因は、未だにはっきりと解っていないのですが、
ノズル周りが原因かと思い、色々試したのですよね。

次の記事はその「色々試したノズル」の結果を発表して以降と思います。
長くなってしまったので、今回はここまで。

次回「ノズル長・・・お前ぇぇぇぇ!」お楽しみに

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。3/3

一通り取り付けることが出来ましたので、実射してみました。
それなりに、飛ぶのですが今一安定しません。
しかも、しばらく撃っていると、給弾不良が起こり始めました。

マルイのバレルですと写真のドライバー指している部分が若干短いようです。
撃っているうちに、パッキンがメカボ側にずれてきて、
給弾時に弾やノズルで巻き込んでしまうようです。

これは、お手上げかな?とも思ったのですが、
一つ思いついたので、挑戦してみました。

解りますかね。
0.2ミリのプラ板2枚を貼り付けて0.4ミリバレルを延長しました。
給弾さえちゃんとされれば、弾道には関係ないと思うので
こんな、加工でもいけましたねww

加工の仕方は、先にプラ板を貼り付けてからバレルの穴に沿ってくり貫いています。
此れでバレルをチャンバーに「ぐっ」と押し付けたときに、
Cクリップがパチンと嵌ります。
試していませんが、0.3ミリでも大丈夫かもしれません。
0.2ミリですとやはり、、給弾不良がおこりました。

一枚目の写真と同じ写真ですが、バレルの下に転がっている黒いパーツが
Cクリップです。
これは、どうもバレルがマルイなので、マルイのCクリップが良いみたいです。
レトロのCクリップですと気持遊びがある気がしました。

これで、完成です。
給弾不良も無く確りと撃てます。
弾道も綺麗に飛んでました。集弾性はどうでしょう?
メカボからチャンバー、バレルへとしっかりと固定されましたので
良くなった気もするのですが、
純正も十分良かったので気のせいかもしれません。
ですので、総評としては実性能は「マルイで良いんじゃないかな?」ww
まあ、カスタムなんて自己満足の為にするようなものですよww

では次は実際に撃ったガンカメラ映像を撮って来ますので、
撮れましたら、ご紹介します。

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。2/3

さて、とりあえずチャンバーは組み込む事が出来ました。
ここで、ちょっとチャンバーのアームを見てみましょう。

アームのくちばしの部分が、押しゴムより幅広です。
これでは、横にずれてしまうのではないかと思います。
マルイの押しゴムや、ナマズのようなフラット押しでしたら、
あんまり影響ないかもしれませんが、
二点押しのように溝があるものですと、アームに接着しないとダメかもしれませんね。

そして、上の写真のように押し位置が、マルイに比べてメカボ側に来ています。
これですと、マルイのパッキンを使いますと適正位置で押せない事になります。
ですので、苦肉の策でなまずを使って押すことにしました。
(マルイの押しゴムで押したかった)

そして、押しゴムを挟み込むくちばしの長さが、
マルイに比べて半分くらいしかありません。
押しゴムは真ん中に穴も開いてあり、弾力があるものなのですが、
実はマルイのアームに装着しますと、押しゴムが歪まないように、
くちばしで挟みこまれ、けっこう硬くなります。

このくちばしの挟みこむ部分が短いと、
押しゴムに圧がかかると直ぐに歪んで、ふにゃふにゃになってしまうのですが、
弾道にどう影響するのかは、未確認です。
それに、ナマズで押すのであまり関係ないかも。
けど、正直余り気持のいい物ではないですね。

アームの形状の違いで、もう此の辺から嫌な予感がしてきています。ww

そして、次にコッキングレバーを取り付けるのですが、
こいつが一番干渉します。

写真は、加工前のものです。
特にHOPレバーの辺りが干渉します。
どうせ、トップカバーで隠れるところですので、
コッキングレバーが動かなくなったりしないようにだけ気をつけて、
干渉するところは、ばっさり切り落としてもいいと思います。

私のAKはスペツナズですので、コッキングレバーの上にバッテリーは来ません。
しかし、FETユニットがコッキングレバーの上に来るようにしてありますので、
台座として、ある程度残しておく必要がありました。

次は、実射です。

続く

 

マルイのAKにレトロアームズのチャンバーを付けよう。1/3

中古で半値以下で売っていたので、
前から気になっていたレトロアームズのチャンバーを
手に入れました。

このチャンバーは、マルイ基準ではなく、LCT基準なのだそうです。
マルイのAKに取り付けるには、結構な加工が必要と訊いたのですが
私でも出来る加工か解らなかったので、
ガンジニアさんの、石岡さんにメールで問い合わせましたところ、
面識も無いのにも関わらず、対応してくださいました。

大体の事は、石岡さんのフェイスブックに書いてあるのですが、
私は、私なりに自分で試したことを記しておこうと思います。

このチャンバーは、コレットナットでバレルをセンターにがっちりと固定してくれます。
その機能のためだけに、挑戦します。ww
メカボにもネジで固定されるのでメカボからチャンバー、
チャンバーからバレルへの一体感が上がります。

上の写真のように、バレルをコレットナットで固定できます。

で、基本的には干渉するところを、削って入るようにするだけです。

こことか、

ここですね。

アウターバレルも「コレットナットが入るように内径を広げる」と書いて有ったのですが、

ふむ!

おやおや?

アウターバレルの内径の方が0.2ミリほど広いです。
ですので私の場合、アウターバレルを削らなくても問題なく入りました。

HOPの調整レバーがアウターバレルに干渉しますので、上の写真のように削ります。

アウターバレルに合わせてインナーバレルをセンターに出しますと、
チャンバーを留めるネジのところに若干隙間が開きます。
チャンバーが浮いている感じですね。
ですので、上の写真のようにプラ板でスペーサー作って入れました。
厚さは0.3ミリが二枚で0.6ミリでした。

こうすると、メカボをグリップで固定してから入れようとすると、
チャンバーがメカボに入っていきませんでした。
グリップを緩めると入っていきますので、グリップは最後に締めるのが良いみたいです。

他のサイトですと、メカボにネジで連結する部分は、
マルイのメカボは、サイズが合わないので入らないと書いてあったのですが、
私の場合は、綺麗に入りました。

そして、上の写真の特殊工具ww
最近、ガンジニアさんから商品化されましたね。
痒いところに手が届く優れものです。

こいつでノズル長をチェックしますと随分と足りていませんでした。
ノズルはAK用のでんでんむしです。
初速も低下していたのですが、原因はこれでしたね。

ですので、ノズルをMP5クルツ用のでんでんむしにしてみました。
ノズル長が長くなる事による、給弾不良が心配でしたが大丈夫でした。
初速も正常に上がりましたよ。

これは、行けるんじゃないだろうか?
そんな淡い期待を抱いていました。
そう、この時までは・・・

つづく

2018年10月5日追記です。
チャンバーとフロントの間に挟むプラ板は0.6ミリでは厚すぎるみたいです。
軸がずれます。

ノズルの上側が強く擦れて、パッキンを削っています。

0.2ミリを2枚重ねて0.4ミリにしたところ、
グリップを緩めなくてもメカボにチャンバーが「スコ」って入るようになり
軸も合ったようです。

この、白いプラ板の部分ですね。