サイレンサーの中身を、激落ち君に詰め替える方法!

電ハンUSPにサイレンサー付けて、アサシンプレイやりたい!
と思い立ったので、サイレンサーをつけました。
その際に中身を激落ち君に詰め替えたので、今回はその時の様子です。

こいつですね。
実際これに詰め替えて本当に音小さくなるのかは、
検証していないので解らないのですが、
まあ、気分でwww

んでまずは、サイレンサーの蓋を開けます。
片側だけ空けましょう。

ねじ切ってあるので、回せば開きます。
硬いときはコンロで炙ったりして暖めると開きやすいです。
樹脂のだと溶けるの注意です。

そして、こんな感じで詰めていきます。

やさしく充てて、くるくる回しながら、そ~と押し込んでいきます。
力ずくで押し込むと、破れて形が崩れるので、回しながら切り抜く感じで。

そうしますと、

こんな感じで綺麗に切り抜けます。

んで今回はこんなの入れてみます。

これも、実際どれだけ効果有るのか解らないのですが、
うん、まあ、試しにww

これを間に挟んで、さっきの切り抜き作業を繰り返し、
サイレンサーの中にみっちり詰まるまで繰り返します。

そうしますと

これは詰めて蓋閉めたところですが
こんな感じになります。

そして穴あけです。

まずはなんでもよいので、横に反れずにまっすぐ貫通させます。
写真は棒やすり使ってますが、なんでもよいです。
先が尖っていて、細いものがやりやすいですね。
ここで横にずれてしまうと、やりなおしですww

貫通しました。
そしたら、少しづつ割り箸通るくらいまで、穴を広げていきましょう。

広げたら、ここで特殊工具の出番です。

割り箸に紙やすり貼り付けたものですww
紙やすりは240番くらいが良いですよ。

んで

こんな風に通して、ピストン運動させます。
最初はゆ~くり、徐々に激しく。
穴を広げていき、蓋の穴に沿うまで広がったら蓋の穴に沿って
しゃこしゃこピストンさせましょう。

すると

綺麗に穴開きましたよ。

撃ってみたら、体感では純正スポンジとあんまり変わらない気がしましたww

まあちゃんと測定器とか使えば違うのかもしれません。
けど、良いんです。
性能なんてどうでも良いんですww
「自分でやった」と言う満足感の為にやっているのです。

そうすればほら、音、小さくなった気がしてきません?