今すぐそのカスタムスプリングを捨ててマルイ純正に戻すのです!

バトンレンジが出来て、無風で50メートルまで撃てる環境になってから、
発見の連続です。

さて「実はそんなに高初速にしても意味が無かった」というのもここのレンジのおかげで
発見できました。
「どういうこと?高初速のが良く飛んで良いんじゃないの?」
と思われるでしょうが、「有効射程を延ばす」と言う目的では違いましたよ。

その説明をする前に、エアガンにおける有効射程と最大射程の違いから説明しますね。

次の図を見てみましょう

一目瞭然ですね。
上が最大射程で、下が有効射程です。

サバゲーは遊びですから、あえて上のような弾道にしてとにかく遠くの敵に当てて楽しむと言うのも、ありありなのですが、
今回は下の図の、サバゲーでヒット取り易い弾道、有効射程を延ばすための初速についての話になります。

図のとおり有効射程とは弾がまっすぐ飛ぶ範囲のことですね。
この範囲を広げることが有効射程を延ばすと言うことになります。

「だとしても、やっぱり初速高いほうが伸びるんじゃないの?」と思いますよね。
私もそう思っていました、そう、この時までは・・・

某パッキン屋さんのツイートで見たのですが、まったく同じ条件で初速だけを5だか10だか大幅に変えて
どれだけ飛距離に差が出るか試したそうです。結果なんと2メートルも変わらなかったそうです。
私も試した事こそ無かったですが、そんな気はしてましたから納得できましたよ。
結局飛ばすのはホップ回転による浮力が大部分になっているのですよね。

んで同じホップ回転なら弾速早いのと遅いのどちらが浮くかといいますと、
早いほうですね。
これはピンポン玉を立て回転かけて勢いよく投げたときと、回転だけ強くかけてスピードはそんなに速く投げなかったときの
玉の起動を思い浮かべれば解りやすいと思います。
勢いよく投げたときはブワッ!と浮いて遠くまで飛んで、速く投げなかったときは
飛ばなくてスッと落ちます。

BB弾も同じなんですね。

イメージ的にこんな感じです。

一枚目が高初速で二枚目が低初速ですね。
個人的に一枚目の方がむかつく顔していますww
二枚目の方が好感が持てますねww

んで有効射程に話を戻しますと、有効射程はまっすぐ飛ぶ範囲の事。

ブワッっと浮いた時点で有効射程外に成ってしまいます。
実際浮いていく弾は凄く当てずらいです。

浮きを押さえるのに重い弾を使う方法も有るのですが、サバゲーで使う事を前提ですと
大抵のフィールドは0.25までではないでしょうか。

と言う事で、0.25で実際どの位の弾速が一番浮かないで有効射程を延ばせるのか
15メートルから40メートルの範囲で直径10センチの的を4倍スコープで見ながら撃って
スコープの縦メモリ一つ以内で当てられる範囲を探ってみたところ、
なんと75から76程度の初速が一番伸びました。

75程度の初速ですと15~40までは修正幅メモリ一つ分以内であたりましたが、
78位まで上げて同じホップ調整ですと40メートルで浮いてしまって修正幅メモリ一つ分以内に入りませんでした。
ではホップを少し弱めてみたらどうだろうと思いためしたら、いくら微妙に調整しても
今度は40手前で落ちてしまい、やはりメモリ一つ分の修正幅では当たりませんでした。
メモリ二つ分の修正幅でしたね。

まとめますと、弾の伸びは弾速よりも弾の回転による浮力が大事。
0.25の重さの弾ですと75~76程度の初速が一番有効射程は伸びる。
それ以上初速が有っても最大射程は延びるが有効射程は逆に縮む

なんで~、そんなにやっきになって初速上げる必要なんて無いんじゃないか!
と言う結論でしたね。

もちろん最初に言ったように、あえて「有効射程を犠牲にして最大射程で当てたい」と言うなら
高い初速の方が良いです。かったいスプリング入れてビュンビュン飛ばしましょう。

そうでなく、「サバゲーでヒット取りやすくしたいんじゃ」と言う方
いますぐそのカスタムスプリングを捨てて、マルイ純正に戻すのですww

ちなみに、最大射程の他にどのような場合に高初速が良いのかと言いますと、
ブッシュ抜きたい時。
UABみたいにホップあんまり関係ない位の近距離で正面から打ち合う時は有利に働くと思いますよ。

高初速=悪と言っているのではないですよ~。

また、この検証の結果はピストンの重さ等で若干変わるかもしれません。
興味があったら自分の鉄砲の有効射程が一番延びる初速を探ってみるのも
面白いと思います。

愛も深まりますよww