可変ホップは実質固定ホップなり~

タイトルからして「なんのこっちゃ?」と思われるでしょうが、
ご安心くださいそれが普通ですww
しかし待ってください、決して頭がバグっているのではないのです。
いや元々バグってはいるのですが、今回は違うんです。ちゃんと理由があるんです。

こ、これを見て欲しい

わ、解りますかね?
これは、ホップを弱くかけているときの断面図です。
弾とホップ突起の間に隙間がありますね

では、ホップを強くかけてみましょう。

ホップの突起が下りてきて、その分突起のRがノズル側へ近くなり
弾との隙間がなくなってきます。

集弾性を求めるに中って弾の保持位置は重要です。
毎回装填のたびに同じ位置で保持されなければなりません。

そして、この保持位置はホップの突起に押されすぎても良くないようで、
ベストな位置が有るようです。

ここまで、書けばタイトルの意味ももうお解かりかと思うのですが、
そうです。可変ホップと言っても実際ベストなホップの位置はただ一点なんですね。

そのベストな位置を探してみるのも、結構おもしろいとおもいますよ~

そして、さらにこの話は最近気が付いた事があって、奥の深い物でした。
はたして、「その気が付いた事」とは!

後半へつづく