カスタムと言う名の破壊!

此処のところ、リポに変えてモーターもガーダーのトルクアップに変えて
配線もひきなおしたら、今までに無いレスポンスになりました。
パンパン撃てます。
今まで見たいにウィパン、ウィパンではなく、パンパン撃てますww

流速化により、若干飛距離(多分2,3メートル位)も伸びて、
仕留められる確立も上がっている気がします。

集団性も大分良くなったのですが、もうちょっと安定性が欲しい。
一人倒すのに2発、多くて3発で仕留めたい。理想は1発
今は大体5.6発位。

ってことでアルミの棒突っ込んでみましたよwww

補強.jpg

輝いてますねーww
私のMP5は首周りが弱いです。グニャグニャです。ハンドガードを持つと弾道が変わります。www
ネットで紹介されているやり方ですが、16ミリのアルミパイプを切って補強パーツ作りました。
フロント側は内径が若干テーパーになっています。
そのままですとアルミパイプそのままですと、奥まで入りませんので、
縦に鋸で8センチほどスリットを入れました4本ほど入ってます。
スリットが見えないように位置合わせして、グリッと押し込み圧入します。
ズズズと良い感じで入りました。
アッパーレシーバー側は3センチほどしか入りません。
それ以上入れるとチャンバーに当たります。
こちらもパイプが若干太くてそのままですと入りませんでした。
「さて、どうするかな?」
モナカ構造ですので、こちらはスリット戦法で入れるとモナカが開く方に力が掛かってしまうのでスリット戦法は避けたい。
「擦り合わせでやってみるか」
上手く行けばこれが一番余計な力が掛からないと思うのでジミーな作業をやってみました。
幸いボウル盤があるので、それで簡易旋盤をやってみましたよ。
太目のドリルの布テープ巻きつけて良い感じにスリットの入った方へ圧入し、
ボウル盤へセット。
レシーバーに入る方を紙やすりで削りました。
少し削っては入れてみて、少し削っては入れてみてを繰り返すのです。
「ウッ!少し削りすぎたかも」
やっちまったかな?
擦り合せは無理があったかな~。
しかも、削っている時は摩擦熱で熱くなります。
熱膨張してるのですね。
合わせている時は、「ククク」って感じで入ったのですが、時間がたって冷えたら
「スコ」って入りましたwww
組んでみても、なんか剛性が上がった感じがしません。
「う~ん・・・」

んで困った時のブルーミックスwww
粘土状の型取り材ですね。
これを、アルミパイプに擦り付けて、アッパーに差し込みました。
こそげ落ちて、余分なブルーミックスを除去し一日放置。

大分カチッとしましたよ。
とりあえずは、これで試してみたいと思います。
上手く言ったら、黒く塗ってチャーハンも付けたいですね。
引けないけどwww

そんで、前回作って試したこちら

はいだー.jpg

新しく買った、短いサイレンサーと、サイレンサーを切って作ったハイダーに
激落ち君つめて作った、極短サイレンサー。

短いサイレンサーでも内部に弾が当たるようでした。
極短君の方が良いようです。
相手の反応の感じからすると、音も結構静かになってるみたいですね。

超・極短サイレンサー!

某土曜日、天狗山
前回のサバゲーで、なんか、たまに変な弾道が出る。
サイレンサーを見てみたら、出口の上側に弾の擦った後がありました。
強ホップのおかげで、どうもサイレンサーに当たるらしい。
オリジナルのハイダーに戻すも、銃口が狭いのでこれにも当たっていました。

というわけで、サイレンサーを切って自作ハイダーを作っていどみましたよ。

ハイダー.jpg

此れはもうドリルで穴開けてこんな感じになっていますが、当日はこの横のスリットのアナは無いです。
結果はどうなったかと言いますと、超五月蝿いwww

パンパン、パンパン爆音チューンに成ってしまったwww
せっかく作ったのだから、使ってみようと使いました。

最初は、「意外とばれない物だな」って思っていたのですが、
あるゲームで、ゲームに参加していたスタッフさんを発見
距離もあるし、ブッシュの中からだからばれないだろうと、撃っていました。
ブッシュがなかなかぬけなくて、何発か撃っていたら、見つかって反撃されました。

ゲーム後スタッフさんに「よく、あそこに居るって解りましたね?」って訪ねたところ、
「何で解ったかと言うと、音ですww」とのご回答。

音か~!やっぱり爆音じゃばれるかww
なので、外して何もつけない状態で、やってました。
そこで、気が付いたのですが、「サイレンサー付けた方がばれない!」

今までは別に付けなくても、他の発砲音に紛れ込ませたり、相手の注意のそれた時を狙えば、別にばれないので、気にしてなかったのですが。

一度サイレンサーをつけてやってみると、明らかに、スコープごしに見る狙った相手の反応が違いました。
「効果あったんだ」

って事で、何か良い方法無いかな?って試行錯誤した結果、
写真のようにスリットを入れてみた。
すると何もつけないのと同じになりました。
けど、まだ五月蝿い。

てことで
中に劇落ち君詰めて、超ショートサイレンサーにしてみました

サイレンサー小.jpg

「おお、大分静かになった!銃口に弾が当たっている様子も無い」

けど、越後屋で短いの買ってしまったww

サイレンサー.jpg

10センチくらいのやつ。
こちらも中のスポンジ取って、劇落ち君詰めてみました。
こっち、の方がやっぱり静か!
銃口に当たらないかな?

どちらが、使い勝手が良いか、試すのが楽しみです。

天狗山でまたまた2連荘ww

某日、天狗山
また、やってしまった土日2連ちゃん(汗)
本気のアンブッシュ、これぞスナイパーの役目

今回は、ちゃんとサバゲの話w
印象に残ったゲームの話

手前スタートで左側の山
新しく出来た緑櫓を狙撃しようとスタンバーィww
距離があるし、ギリーで山の中なので、体が出ていても動かなければそうそう見つかりません。

櫓の窓からチラチラ見える頭を狙って、パスンパスン撃つものの、(45~50)
「中らん!」ww
枝、葉っぱにはじかれてしまう。

そうしていると、自軍アタッカーが果敢に攻め上がり始めました。(3人ほど)
しかし、一人、また一人と散っていく同士たち。

「私、一人か・・・」

何故か、本気で防衛しようと思い、「隠れますよ」っと
いつもなら、チラッとでも見えたらとりあえず撃ってみる私ですが、
ここは本気の防衛モード、中てられる状態になるまで、撃ちませんww

相手、櫓の窓からこちらの方を「ジー・・・」
私、「撃ちません・・・」
相手「ジー・・・」
私「撃たないよ~」

もう居ないと判断したのか、櫓から出て進軍し始めました。
私「40メーター!よし、頃合だ!」
一人目ダウン、次!ダウン

「もう、居ないか?いや、まだいる!」

木の陰から銃口と片目だけ出してスコープで必死の索敵

ここで、ゲーム終了。

稜線の先から次々に出てくる相手。6人ww

「うおお、まだこんなに居たのか」

一人で抑えていたと思うと、胸熱でしたwwムフー!