天狗山フィールドレポ

某日、某天狗山
私のところから一番近い森林フィールドですので、最近は此処ばかりです。
今更ながら、フィールドレヴューをシテみたいと思います。

私は遠距離で、バリゲードの隙間や、ちょっと出た頭を狙いヒットを取ることに
快感と興奮を覚える、自称変態紳士です。
そんな私の主観ですが、フィールド選びの参考に成れば嬉しいですね。

良いところと、良くは無い所を、上げていきます。

良いところ
涼しい。いや暑いのですが、日のあたるフィールドに比べると断然涼しいです。
草木のマイナスイオンもたっぷり。眼鏡が余裕で曇ります。
風の影響を、殆ど受けません。私のような遠距離好きには此れは嬉しい。
やる気が出ます。
高低さたっぷり。立体的な作戦が考えられそう。無線を使っているチームなどでは
作戦の巾が広がりそうです。私のようなボッチ行動が殆どの方もいろいろな事が
考えられます。
広いです。平日などの少人数の場合、1回も相手に会わずフラグゲットも可能かも。
自然の隠れられる所がたくさん有ります。
バリゲードも結構設置されているのですが、それ以上に自然の中に隠れられる所が沢山あります。
私のようにバリゲードに付くとソワソワする人には、これはよいです。
だって、バリゲードってそこに居るって目印ジャン。
シューティングレンジはゲーム中でも使えます。最大50メートル。
まだありそうですが、こんなところかな。

良くは無いところ
シューティングレンジは暗くて弾道が見えません。音で判断する事になります。
販売機は有るのですが、水が外国の水しかありません。私は外国の水は合わないのよね。
トイレは仮説和式と男小便用の二つです。心置きなく大を捻り出せる感じではなさそうです。
更衣室はありません。女性は困るかも。まあ気にしないで、
その辺で脱いでくれても私は問題ありません。
あ!けど受付のところにある家で、着替えさせてくれるのかな?
そんな感じのところは、ありました。
まあ、けど気にしないで、セーフティで脱いで下さっても・・・・・

こんなところですかね。
良くは無いと書きましたが、悪いわけではないです。良くは無いです。

楽しいか、どうかは行ってご自分で判断ということで。
ではでは。

手造りバネ式手榴弾!

見えてきた!
冬でも使えるバネ式手榴弾。
仕事でサバゲに行けずもやもやするので、投稿。
一年位前から、試行錯誤してバネ式手榴弾作ってみていたのですが、
今回で3代め。
上手く言って欲しい。

初代、は塩ビ管を利用してピストン式で作ってみたのですが
エア圧不足。私の小学生の工作並みの加工レベルでは
気密もちゃんと取れてなかったような・・・

2代目はゴム動力により羽を回転させて、飛ばす方式
弾が重力によって下に集まるので、地面を勢い良く転がって行きました(笑)
重力恐るべし。

三代目、もうめんどくさくなってきたので、板バネで直接飛ばしてしまえ。
と、半ばやけくそ気味に作り始めたのですが、
「おや?おやおや?」
なんか上手く行きそうな気がしてきました。
完成したら、紹介してみたいと思います。

なんか、楽しくなってきた。

山梨ワンダーフォーゲル、サバゲー

某日、某ワンダーフォーゲル
初めての室内戦。
天狗山のスタッフさんに誘われて、行って来ましたワンダーフォーゲル
動画で見て、気になっていたフィールドでしたので一度行って見たいと思っていました。
ワンダーフォーゲルさんは、定例会はやっていなくて、貸切のみの受付。
しかも今年いっぱいで閉めるそうです。
行ってみたいとは思いつつ、遠いので行かなかったのですが
この度、お誘いを受けて「良い機会かな?」と思い行ってきましたよ。

平日に。

またもや、なんともいえない背徳感と戦っていました(笑)

室内と言っても、かなり広いので、
良くある室内戦とはちょっと勝手が違うのかもしれませんが、
たしかに、森林に比べて楽な部分もありました。
どんなところが楽と感じたかと言いますと
枝や、ブッシュが無いので斜線が通る。
平坦なので、私のS字弾道銃でも地面に中らない
やっぱり、索敵が楽(見つけられないときもありました)
頭、上げても下げても見つかる可能性は余り変わらない気がしたので
射撃姿勢をちゃんととれる。
などなど。
それゆえに出来る事などが色々あって、何時もと違う感じで凄く新鮮でした。

索敵が楽でしたから、同士とクリアリングとカバーしながら、
ぐんぐん進めたのにはテンション上がりましたね。
楽しかったー。

ほんっと良い体験でした。
誘ってくれた方、企画された方、フィールドの方
一緒に遊んでくれた方、感謝です。ありがと~!

ベトナム

某日、某天狗山
それはベトナム。

某フィールドって書いても、別に怪しい雰囲気には成らない事が
解ったので、止めました。
雨の森林は雰囲気抜群でした。正にベトナム!
前回少人数の面白さに、目覚めかけたので、
行って来ました平日定例会。
いろんな物と戦いました。
まずは、平日。皆働いているのに、自分は遊んでいると言う「罪悪感?」というか
背徳感との戦い。
天気予報が外れて、雨の中の戦い。
ゴーグルが曇って視界1メートルの戦い。
これだけ湿度が高いとファンを回しても意味無かったです。
サイトもブースターも曇って真っ白けでした。
足元も雨でぬかるんで、ズルズル。
おっかなくって、まったく走れません。
かなり劣悪な環境下での戦いでした。

だが、そこが良い!

少人数なので、周りは静か。
そんな中、雨音だけやけに耳につきやがる。
曇ったサイトを指で拭っても拭っても一瞬で真っ白になりやがる。
滲んで僅かに見えるレティクルで必死に標準を合わせる。
過酷だ、なんてハードな戦いなのだ。
ある意味、非常にリアルな戦場でした。

踝までぬかるんだ谷底の川を進んでいると、まるで映画のワンシーンのような気がしてきました。
なんの映画だろう?やっぱベトナム戦争ものだよね。
ぜんぜん思うように戦えなかったけど、それがかえってリアルな感じがして
妙にテンション上がりましたね。

運営さんもよく最後まで営業してくれました。

雨の天狗山・・いい!・・上手く言えないけど、ベトナムな感じがいい!
ベトナム行った事無いけど。

天狗も出たよ。