サバゲーレポ天狗山、天狗山の天狗さんに初遭遇

凄い人が来てました。2名
何が凄いかって、速い、早い、H・A・Y・A・I
身体能力がパンピーと段違いですよ。
普段から何かしらのトレーニングをされてるのかな?
もしかして、本職かしら?

我々はイエローチーム、韋駄天さんはレッドチームでした。
今日の同志たちは、のんびりムードが漂う感じ、
「この感じは好きだ!」
スタートものんびり。
しかし開始、2ゲーム目辺りから、同士たちも赤チームの異様な速さに気づき始めた模様。
その後何ゲームかは、その速さに対抗すべくスタートダッシュを試みる。
しかし、何度やってもスタート直後にすでにフィールドの3分の2位まで押しこまれている。

この展開は、私にはきつい。足遅いからね。
これは、いっそのこと迎え撃つ形にしたほうが良いかな?
と思い・・・スナイプの時間だ!

若干、自軍側に引きつつ山に籠もる。
「さーて、遠距離、遠距離、山からCQBエリア狙うぞー」
「もう、ここから絶対に動かないでござる」

6話で書いたとおりノズル少し削って、チャンバーパッキンとのクリアランスを刷り合わせました。
このフィールドは、風の影響も余り受けない地形に成っていて、私のような遠距離好きにも良い感じです。

「今日は50いけるかな?」
とか思いながら、ごろごろしていたら、CQBのバリゲートの隙間からチラチラ敵影が見えてきました。
「目測50、隙間いけるか?」セミでは不安なのでフルで1連射。スパパパ
3秒後、相手「ヒット」
私「イエス!」
「おやおや、まだ何人か居るぞい。」
フルだと居場所がばれるので、セミで。
「目測40。超隙間」パスン
2秒後、相手「ヒット」
私、「今日はきてる、弾もちゃんと出る。もっと、もっと、MOTTO。グヘへ」
てなことを、また勝敗そっちのけで楽しんでました。

しかし、そんな事も午前中一杯やっていれば違うこともしたくなる。

「行くか激戦区へ」
「相手の韋駄天さんも、そろそろ疲れてきただろう」
と思っていた時期が私にもありました。

スタートダッシュでCQBエリアへ突入しようと思い、ダーっシュ!
同士「もう、来てるぞー!」
私「え?ちょ!???」
なんと、午前中より速くなってる。
「どんな体力しているんだ?Rのモビルほにゃららは、化け物か?」
てな感じでした。

がぜん、どんだけ速いのか興味がわいてきたので、センターロードをとにかく
いける所までダッシュしてみようと思い、奇行種が生まれた。

奇行種、現る!

スタート
全力でセンターロードを走る、走る、!
センターロードの何処で鉢合わせる?
「ヒャッハー!」
やっぱり、3分の1位のところで、バスバス、カキン、バラララ、ビシッ、ビシッ
「イタタ、ヒト、ッヒット、ヒットだよ!」
コリャ~たまらん。四方八方からまさに蜂の巣でした。

同士が言っていました。
「今日は防衛できれば我々の勝利だ」
私は、納得した。

他にも、凄い人が居ましたよ。
上手く説明できないけど、女性の方でなんか戦い方がエレガントでした。
木の陰に伏せるでもなく、屈むでもなく、木に寄り添うように
「スッ」と立っているんですよ。そんで時たま「スッ」と銃を構えてパララ
相手がブッシュから接近しても、あわてる様子も無く
「スッ」と木に寄り添ったまま構えて、パララ
ってヒットとってました。(しかも、迷彩ではなく、普段着)

その木に寄り添う姿は、飛雄馬を見守る明子姉さんのようでした。
かっこよかったな~!

サバゲーレポ みんなの森

前回の続き。
とりあえず1勝をあげたので、勝てないことは無いことを証明した感じ。
自軍に参加していた、オーナーさんがもう一丁行きますか、と発破を掛けますが、
私は、続けて今みたいな行動は無理だぁ~。

と、言うことで当初の目的どおり、勝敗そっちのけで遠距離をやるでごわす。

何ゲームか戦闘をしながら良いスナイプポイントを探して、自分なりに良さそう
な所をみつけた。
「おお!それなりに遠くまで良く見えて、隠れられるところも有るぞい」
索敵、索敵。
「いた!目測50メートル、当たれー」スパパパ
「・・・外したか・・・」
「また居た!くらえ!」スパパパ
「・・・中らんか・・枝に当たったかな?」
「今度は、こっち、うりゃー」スパパパ
「むう!中らん!」
「弾、出てるのかな?」スパパ
「出てるなぁ・・・風かな?」
「今度は40メートル、頭がかすかに見えてるぞい」スパパ
「ありゃりゃ、これも外した、ゼロイン狂ってるのかな?何か色々と不安になってきた」
「もう1回、40メートル今度はマンターゲット」スパパ
「これは、中るなぁ・・・」

てな感じで、50メートルヘッドショットどころか、
40メートルヘッドショットも中らん一日。

家に帰って初速見てみたら、下がっとるがな!

ここから、銃の話。
私の銃は、とことん気密をとって初速を上げています。
バネ強化は銃の寿命を縮めると思うので。(それでもノーマルよりは強いバネです)

んで初速低下の原因はチャンバーパッキンの磨耗でした。
パッキン変えてから7000発ぐらいしか撃ってないですけどね。
なんでだろう?と考えた。
気密を取る為に、ノズル先端を加工し、パッキンにガッツリと密着させたのですが
それが良くなかったのかも知れません。
ノズルが出入りするたんびに、パッキン削ってたのかも・・(フィールドも埃っぽかった)
ほんの少しエアが漏れるくらいにしておいて、(ほんとに少し)
バネで調整したほうが良いのかもしれない。
その分メカボ割れ防止加工をすれば、多少バネ強くしても平気じゃないだろうか?
私の銃は中華で、嘘か本当か解らないが、メカボは丈夫というはなしも聞いたことがあるし。

ノズル削るか・・・・・・・・削りたくねー!

サバゲーレポ、みんなの森

本日は「遠くから撃つぞう」
自分の銃の射程ぎりぎりからスナイプするのだ。
50メートルヘッドショット。無風なら60メートルだ。
そう言う、カスタムをした、そういうホップ調整とゼロインもした。

しかし残念ながら、今日は風がある。60は無理か50も厳しいかな?
いや、50ならいける。60も風を読んでグフフ
「わくわくしてきた」
とフィールドに向かいながらグフフしていた。

フラグ戦
初戦用意が間に合わず不参加。
2戦目

フラグから左大外回って、山の手前まで一気にダッシュ。
発砲音。その場で伏せ。
「よし、いい位置にこれた。」緩やかな傾斜の天辺だ。
相手のフラグ向かって右を見れば、相手が横切っていくはず。
自軍との十字砲火の形を作れるはず。

しかし、前方の山に相手がいたら、そこから撃ち下ろしでスナイプされそう。
まずは、前方の山をクリアリングしなければ。
必ず居る。
息を潜めて、必死に索敵しているはずだ。
「先に見つけなければ」

匍匐でずりずりと身を隠したブッシュから前方山のほうへ進む。
「居ないなあ。・・・・いやきっと居る!」
数分後
「居ないなあ。・・・・いや居ないわけが無い。根競べだ」
さらに数分後

アナウンス「終了~!」

「あれ?終わっちゃった!どっちが取ったんだろう?
こっち居なかったみたいだなぁ」

とセーフティに戻っていた、その時!

私の行く手を阻む「トラロープ」

・・・・・・フィールド出とるがな・・・・・

結果、相手の勝ち。

3戦目
同士の話によると
1戦目、2戦目共にほぼ一直線にガンガンきて押し切られたそうです。
今日の相手はそんな感じなようだ。
私は、余りフラグに執着するタイプではないのだが、
同士たちが、いきなり2敗して火がついたらしい。

「次はとるぞ」雰囲気が半端無い。

ならば、
私「相手が直線的に来るのなら、さっきは大外誰も居なかったので、
私が大外から回って一気に相手陣地まで切り込んでいこうと思います。」

同士「お願いします。」

私「一気に行きますので、もし撃たれたら何処で打たれたか見といてください」

同士「おお!たのみます」

スタート。

行くぞー!と全力で走る!山を登りそこから激戦区になる橋めがけて
一気に駆け下りる。
その時!
同士がもう橋超えとるがな。
「ちょ・・・みんな・・・はや!」
「まって~」
必死に走り、なんとか追いついた。
「ゼイゼイ!」
その時
同士「よし!仕留めた。行け行けー!」
私「ちょ・・・ま」
また、走る走る。
私「ゼイゼイ!居ますか?」
同士「解らん」
私「ゼイゼイ・・出るなら、ゼイゼイ・・援護します。」
同士「頼みます。行きます。」
私「ちょ・・・はや・・・」
「くそーやらせはせんぞー」スパパパ。

フラグゲット!

スタッフ「フラグ絡んだ方、写真取りましょう」

私は絡んだと言えるのだろうか?・・・・・・・私「はい!」

遠距離?何それ美味しいの?

ハイカーストップの話

ハイカーストップの話
3話で書いた某フィールドには、ハイカーストップと言うものが有ります。
「ハイカーストップ」とは。
フィールド内にハイキングや山菜取りで入ってくる人が居るらしいのですね。
そんな時ゲーム中に見かけたら大きな声で「ハイカーストップ」と声を掛け
ゲームを中断すると言うものです。

最初説明を受けたときは「ほうほう、なるほど」程度に思っていたのですが。
よく考えるとこれは、かなり注意しなければならないことだと思いました。

毎年、猟銃での誤射があります。
もし、フィールド内とはいえ一般人に弾を当ててしまい、
怪我なんてさせてしまったときには。
きっと、「すみません」ではすまない気がします。
フィールド閉鎖もありえるのではないでしょうか?

フィールドスタッフだけでは、完全に事故を防ぐことは難しい気がします。
ハイカーストップのあるフィールドでは、「マーカーを確認してからの発砲」これを
徹底し、サバゲーマーの方々には老若男女問わず細心の注意をし、周囲のゲーマーにも注意喚起することが、大事だと思いました。

3話に書いたフィールドの方々は、周辺住民の理解を得るのに並々ならぬ苦労を
し、やっとの思いで周辺住民の信頼を得たそうです。

サバげーは迷彩服を着て(着ていない人も居ますが)銃を持っています。
傍から見ると異常です。
個人的には、決して世間からの賞賛や名誉を求めるものではなく、
また求めてよい物ではないと思っています。
日陰者のように、影でコソコソと楽しむくらいがちょうど良いと考えています。

何故このようなことを書いたかと言いますと、その事を胸に刻んで遊ばなければ
業界が盛り上がれば盛り上がるほど事故がおき、
一気に業界の衰退に繋がるのではないかと思ったからです。

フィールド運営を一過性の金儲けと考えているところは、メディアで宣伝をし
いかにもトレンドな物ととして扱うでしょう。
そのほうが儲けられます。
私も商売人です。そのことに、まったく否定はしません。
むしろ私がゲーマーではない運営ならばそうします。

ただ、ゲーマーとして言うならば、同じゲーマーとして上記のことに
賛同してくださる方が居るならば、
上記のことを胸に刻み、企業の儲け主義に踊らされることなく遊んでいただきたい
と思いました。
それが、業界を守ること、長く遊べることに繋がるのではないかと。

しかし異論は認める。

サバゲー,レポ,天狗山

オープン2日目の新フィールド。

フィールド概要
イメージをしやすく出来るように紙と鉛筆で書いてみてほしい。
フィールドの外周は若干縦長の楕円形。
そこに縦長の両端にフラグ。
フラグからフラグへと結ぶ形でセンターにほぼ直線の道がある。
(以後センターロード)
センターロードを挟んで両側は草木が鬱蒼と茂った山になっている。
(センターロードは両脇が山の谷底近辺である)
楕円中央付近にバリケードが乱立されたCQBエリア。
そのCQBエリアの左側が更に谷になっており、
センターロードと並行する形で川になっている。

フラグ戦
相手、同士共に疲労が出てきたためか、
山側から進行する人が居なくなってきた。(道も何もない本当に山なので、体力がガンガン削られる)
CQBエリアが激戦になる事が多くなってきたようだ。
私は同行する同士一人、計2名で左山側から進行。
回り込んで裏を取る隠密作戦。

スタート
同行同士の脚力は凄い。道のない山をガンガン登っていく。
私も遅れまいと頑張るのだが、離されていってしまう。

CQBエリア近辺で発砲音。
接敵したようだ。
その場で伏せ。
先には同行同士が先行している。

私は、匍匐のまま同行同士の所まで行こうと思い匍匐する。(這って山を登るのだ)
10メートル先ほどに同行同士の姿確認。
CQBエリアの方を索敵中のようだ。

私も同行同士と違う角度からCQBエリアの方を狙撃援護できないか、索敵する。
CQBエリアのバリケードの隙間からチラチラと一瞬敵影は見えるのだが。
私の腕では、その一瞬でスナイプすることは無理そうだ、下手に発砲すると
隠密作戦の意味も無くなってしまう。

10メートル先の同行同士が発砲。
「接敵か?・・・いや・・・違うか・・」

CQBエリアでは戦闘が激化。相手、味方共に激しい発砲音が鳴り響いている。
「同士よ踏ん張ってくれ・・・・・
よし・・・行くぞ!(匍匐で)」
その時、再び先行同士が発砲!そして被弾!
「なに?・・・この先に居るのか?数は?進行してくるか?」

・・・・・・「くそ、進めん・・・だが引くわけにはいかない、このルートは私一人だ。
死守せねば。来るなら来い!」
匍匐のまま数十センチ単位で前進する。
先行同士が被弾した近辺に着く。
索敵。

相手の気配はないが少し様子を見る。
中央激戦区から、ヒットコールが続々聞こえてくる。
「味方は押しているのか?押されているのか?同士よ耐えてくれ」
その時、敵影前方5メートル!こちらに向かっている!
相手は私に気が付いていない。
「狙っている暇は無い、一か八か体を起こし腰だめで撃て!」ドパパパパ
「倒れないだと!(ヒットコールしない)」

しかし一呼吸遅れてヒットコール。
相手の方「あれ?弾出てます?」「出ていないみたいですよ」
私「え!ほんとですか・・・」
相手の方「今向こうから撃たれたみたい。」(明後日の方を指差す)
私「あ!そうなんですか・・なんかすみません」
相手の方「いえいえ」
マガジンの納まりが悪くて弾が出ていませんでした。
その時は、疲労と私の劣悪なCPUの処理速度では、
相手の方の言葉をその日は理解できず、
こんなやり取りで終わってしまったのですが、
後日思い返してみると、
状況的に、相手の方が指差した方から撃たれる訳も無く、
私に気を使って、撃たれてもいないのに、ヒットコールをしてくださり
優しい嘘までついて下さったようです。
この場を借りて厚く御礼を申し上げます。「ありがとうございました。」

そして物語は続く。

先行同士はさっきの相手に撃たれたのだろう。

「時間もない、進むぞ!」
中腹から大外一杯に移動し中央付近から死角に成るように、
一気に進む。(一気にと言っても道のない山です)

センターロードを見下ろすと、相手フラグ側の中央激戦区の端まで来た。
その端に相手の後衛が一人まだいる。
今センターロードに出ると見つかってしまうだろう。
しかしこれ以上外を回るのは、体力的にも時間的にも限界だ。
「時間がない、早く進んでくれ」

アナウンス「残り1分」
相手後衛がCQBエリアに入った。「今だ!」
一気にセンターロードに出るために山を降りる、
しかし足場が悪い。スピードは上がらん。
川を渡り、センターロードまで這い上がる。

完・全・に・裏を取った!

「CQBエリアを振り向いてはならん。視線を感じられたらアウトだ。」

フラグまで一本道・・・4.50メーター・・・・
軽い上り下りに成っているのでフラグは見えない・・・・・
だが、この先に有るのだ!フラグが!

「行くぞ!」

一歩一歩ゆっくりと走り出す。
この、ウイニングロード、そして、シャイニングロード。

左足を負傷したようだ、足が上がらん(実際はつっただけです)
出血が激しいのか?目が霞んできやがった(実際はゴーグルが曇っています)

霞む視界の中に僅かにフラグが見えた。

あと10メートル、5メートル、3メートル、2メートル!
フラグ・・・・取ったどパパパパパ・・・・

「なん・・・・・だと・・・・」

薄れいく意識の中とは反対に視界がクリアになっていった・・・・・
その視界の中にはフラグの後ろに鋭く光る眼光と、
硝煙をを上げ、鈍く光るM4の銃口が(本当は銃の週類は解らないのですが、ここはM4で)
こちらにまっすぐ向けられていた。

私は遥か後方、自陣のフラグホーンの鳴る音と相手の勝どきの歓声を、
消え行く意識の中で聞いた。

いやいや。
あの広大なフィールドで、最後まで一歩も動かずフラグの後ろでじっとしてるって、
なかなか出来るものではないですよ。
なんと言う精神力!

今回のMVPは見事一人でフラグを守りきった相手の方だと私は思いました。
「お見事」
そして、途中で私に気を使いヒットコールしてくださった相手の方
もう一度「ありがとうと」言わせてください。「ありがとう」

なおこの文章は、読み物として面白くしようとするあまり、色々と誇張があります。

今回の教訓
いや。あれは無理だって。