サバゲーレポ天狗山、天狗山の天狗さんに初遭遇

凄い人が来てました。2名
何が凄いかって、速い、早い、H・A・Y・A・I
身体能力がパンピーと段違いですよ。
普段から何かしらのトレーニングをされてるのかな?
もしかして、本職かしら?

我々はイエローチーム、韋駄天さんはレッドチームでした。
今日の同志たちは、のんびりムードが漂う感じ、
「この感じは好きだ!」
スタートものんびり。
しかし開始、2ゲーム目辺りから、同士たちも赤チームの異様な速さに気づき始めた模様。
その後何ゲームかは、その速さに対抗すべくスタートダッシュを試みる。
しかし、何度やってもスタート直後にすでにフィールドの3分の2位まで押しこまれている。

この展開は、私にはきつい。足遅いからね。
これは、いっそのこと迎え撃つ形にしたほうが良いかな?
と思い・・・スナイプの時間だ!

若干、自軍側に引きつつ山に籠もる。
「さーて、遠距離、遠距離、山からCQBエリア狙うぞー」
「もう、ここから絶対に動かないでござる」

6話で書いたとおりノズル少し削って、チャンバーパッキンとのクリアランスを刷り合わせました。
このフィールドは、風の影響も余り受けない地形に成っていて、私のような遠距離好きにも良い感じです。

「今日は50いけるかな?」
とか思いながら、ごろごろしていたら、CQBのバリゲートの隙間からチラチラ敵影が見えてきました。
「目測50、隙間いけるか?」セミでは不安なのでフルで1連射。スパパパ
3秒後、相手「ヒット」
私「イエス!」
「おやおや、まだ何人か居るぞい。」
フルだと居場所がばれるので、セミで。
「目測40。超隙間」パスン
2秒後、相手「ヒット」
私、「今日はきてる、弾もちゃんと出る。もっと、もっと、MOTTO。グヘへ」
てなことを、また勝敗そっちのけで楽しんでました。

しかし、そんな事も午前中一杯やっていれば違うこともしたくなる。

「行くか激戦区へ」
「相手の韋駄天さんも、そろそろ疲れてきただろう」
と思っていた時期が私にもありました。

スタートダッシュでCQBエリアへ突入しようと思い、ダーっシュ!
同士「もう、来てるぞー!」
私「え?ちょ!???」
なんと、午前中より速くなってる。
「どんな体力しているんだ?Rのモビルほにゃららは、化け物か?」
てな感じでした。

がぜん、どんだけ速いのか興味がわいてきたので、センターロードをとにかく
いける所までダッシュしてみようと思い、奇行種が生まれた。

奇行種、現る!

スタート
全力でセンターロードを走る、走る、!
センターロードの何処で鉢合わせる?
「ヒャッハー!」
やっぱり、3分の1位のところで、バスバス、カキン、バラララ、ビシッ、ビシッ
「イタタ、ヒト、ッヒット、ヒットだよ!」
コリャ~たまらん。四方八方からまさに蜂の巣でした。

同士が言っていました。
「今日は防衛できれば我々の勝利だ」
私は、納得した。

他にも、凄い人が居ましたよ。
上手く説明できないけど、女性の方でなんか戦い方がエレガントでした。
木の陰に伏せるでもなく、屈むでもなく、木に寄り添うように
「スッ」と立っているんですよ。そんで時たま「スッ」と銃を構えてパララ
相手がブッシュから接近しても、あわてる様子も無く
「スッ」と木に寄り添ったまま構えて、パララ
ってヒットとってました。(しかも、迷彩ではなく、普段着)

その木に寄り添う姿は、飛雄馬を見守る明子姉さんのようでした。
かっこよかったな~!

toranosuke

投稿者: toranosuke

昭和40年代生まれのおっさんです。 サバゲーや、エアガン弄り、エアガンカスタム、エアガン改造のブログです。 サバイバルゲームは、私が子供の頃から有った遊びです。 子供の頃に夢中になった遊びは、おっさんになってからも面白いです。 人ってそんなに、変わらないのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です